年齢と生命保険料の関係と女性が男性より保険料が安い理由

スポンサードリンク

年齢と生命保険料の関係と女性が男性より保険料が安い理由

年齢と保険料の密接な関係

生命保険は人の生死に関わる保険。その為、近く死亡する人とそうでない人を見極める必要が出てきます。

この項目では生死を見極めるために重要な要素である『生命表』と『予定死亡率』について説明していきます。

女性が男性より保険料が安い理由

予定死亡率は『この人はここから加入し、どれだけの間保険会社に保険金を支払い続けることができるのか』という指標です。この予定死亡率を決める要素こそが『生保標準生命表』と呼ばれるものです。

これには過去のデータからさかのぼって、性別や年齢ごとの死亡率や生き残る割合などが記入されており、これらの統計一覧はデータ化されて厚生労働省のホームページ上で公開されています。

では平成19年作成の第20回生命表を参考に見て行きましょう。 男女別の生存数は50代まではほぼ変わりません。

しかし、50代から生存数が下がり、60代でこの現象にさらなる拍車がかかります。特に男性の生存数が大きく下がっていくというデータは重要といえます。

なぜなら男性が女性より早く亡くなると言うことは、早く亡くなる分保険料を多く支払ってもらわないと採算が取れないからです。よって、死亡保険の支払金は女性より男性のほうが格段に高くなっています。

年齢が上がれば保険料も上がる

先ほどのデータでも証明できたように、死亡率は年をとるにつれて高くなり、男性は女性よりも死亡率が高くなっています。 保険会社も慈善事業ではないため、生命表などのデータを参考に『年齢が上がるにつれて保険料も年々高くなる』ように保険料が設定されています。

これはどのような年齢からでも生命保険に入れるようにするための方法ではあるものの、高齢になればその負担は大きなものとなるでしょう。

30代で入った場合と、その差は男性で10倍強。女性でも5,6倍の値段になります。これらを考えると生命保険は若いうちから加入しておき、安く支払いつつも契約内容を度々見直していくことが肝要と言えましょう。

年齢と生命保険料の関係と女性が男性より保険料が安い理由について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

保険料に関して年齢というのは大切です。 どうしても年齢が上がってしまうとそれだけで保険料があがってしまうので、若いうちから加入しておくことをおすすめします。 いざってときはいつ来るかわからないですからね。

スポンサードリンク