保険会社が生命保険運営をするためのコスト(経費)

スポンサードリンク

保険会社が生命保険運営をするためのコスト(経費)

保険を動かすためのコスト

家電メーカーはテレビを、ゲーム会社がゲームを作るように保険会社は保険を作ります。保険とは目に見えず実態のないものですが、それでもさまざまなコストがかかっています。

保険運営にもお金はかかる

保険会社はあらかじめ『予定事業費率』という保険事業を健全に運用するためのコストを入れるを決め、保険料の中に入れています。この予定事業費率は深手数料に影響します。

余談ですが、残り2つは純保険料の計算に影響しますので、これも高すぎたり低すぎたりすると純保険料に著しい影響を与えます。 他にも広告宣伝費を忘れてはなりません。

新商品の告知をパンフレットやテレビCMでおこなうことにより、新規顧客を開拓するのも重要なことです。そして保険を販売するにあたっての営業社員や事務など、従業員の人件費や通信費。事務所にかかる費用などありとあらゆるコストが予定事業費に内包されています。

保険会社で保険料に差があるのは、この予定事業費を含めた付加保険料の差と言えます。純保険料で差が出ることはほとんどありません。

コストの内訳はブラックボックス?

保険金の支払に大きくかからる純保険料が、各社によって大きく異なることはないにせよ、なぜ付加保険料デコのように差が出るのか。

それは各社の保険手数料に秘密が隠されています。

株式における売買委託手数料と仕組みが似ていますが、保険の売買手数料の場合、この手数料そのものが付加保険料に組み込まれているため消費者の立場から見るとわかりにくささえ感じます。

これらの不満から一部の保険会社が販売手数料を開示するという独断に踏み切るケースも有り、消費者の不満をつのらせています。

保険会社が生命保険運営をするためのコスト(経費)について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

生命保険も医療関係に充たるのですが、いまだに不透明なところは多いです。 だからこそ加入するときには、十分な下調べと自分が納得のいったプランに加入するというのが一番ですね♪

スポンサードリンク