生命保険の配当金の算出方法と受け取るための手続き方法

スポンサードリンク

生命保険の配当金の算出方法と受け取るための手続き方法

生命保険の配当とは

配当といえば株式を思い出しますが、保険にも一応ながら配当という制度があります。契約者に還ってくるものですので、忘れないように覚えておきましょう。

3つの剰余金が配当を決める

保険料の計算はあくまで過去のデータから算出された予測であり、実際には状況が大きく異なる場合が多々あります。

分かりやすいものから説明すると、実際の利益が予定利率による収入利益を越したために生まれる『利差益』。実際経費が予定経費よりも少ないために生まれる『費差益』。

そして実際死亡者数が予定死亡者数より少ない為に生まれる『死差益』が存在します。死差益は死亡者数が少ない分保険料の払い出しが行われないために生じる利益なので、独自の概念と言ってもいいでしょう。

これらの剰余金が配当として還元され、それぞれ『利差配当』『費差配当』『死差配当』と呼ばれます。

配当を受け取るには

配当の受け取り方はいくつかあります。 『積立方法』は配当金に利息をつけて積み立てることで、銀行の預貯金と似た感覚で管理できます。

手元に直接帰ってこないので『据置方法』とも呼ばれます。 保険を買い増す『保険金買い増し方法』は読んで字のごとく保険料を買い増しすることで、得られる保険金を増額させる方法です。

この際に買い増される保険金は『一時保険料』と呼ばれ、配当が得られなかった時にも増額分が取られることはありません。 『相殺方法』と『現金支払い方法』は非常にシンプルな方法です。

『相殺方法』は支払う保険金を配当金と相殺させることで減額し、『現金支払い方法』は配当金を直接現金で支払ってもらう方法です。 これらの配当がいくらもらえるかは保険会社から郵送で通知が送られてきますので、捨てること無く確認しましょう。

この配当金額は会社によって異なるため、気になった方は配当率を比較してみましょう。主に配当率は新聞に記載されている場合が多いですが、各生命保険会社のホームページ上で開示している場合もあります。

生命保険の配当金の算出方法と受け取るための手続き方法について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

実はこの配当金という制度ができ始めたのはそこまで古くはありません。 比較的最近できたものになるので、掛け捨てというのがいかに不評だったのかがうかがえます。 自身にあった保険として、貯金ができない人にお勧めのプランですね!

スポンサードリンク