生命保険について保険証券の加入前に知っておきたい用語集

スポンサードリンク

生命保険について保険証券の加入前に知っておきたい用語集

わからないと大変!? 保険証券の不思議な用語たち

生命保険に加入すると送られてくる保険証券。これには普段あまり見ない単語も多く含まれます。 この項目ではそれらを1つ1つ解説していきます、出来れば手元に保険証券があると、照らし合わせるのに便利かもしれません。

保険証券に載っている用語集

証券番号

保険契約を区別する際に割り振られる番号。 確認の際に必要になることもあります。

契約者

読んで時のことく、契約者の名前が載っています。 この契約者とは保険金を払う人を指し、子供の保険の場合は親の名義になっている事がほとんどでしょう。

被保険者

保険証券に載っている保障を受けられる人。

保険金受取人

被保険者の保険金を受け取る事ができる人。 この保険であれば親の名前が、夫婦であれば妻か夫の名前になっているのが一般的です。

指定代理人

被保険者が保険金請求が出来ない場合、この指定代理人が代わりに保険金を請求できます。 『受取人と同じ』とされるケースが一般的です

保険期間

保険が適応される期間。 終身保険の場合は一生涯続きますが、定期保険や養老保険だと記載の期間が過ぎれば契約満了となり、保障が打ち切られます。

保障内容

読んで字のごとく、保証内容が書かれています。 大きく分けて『主契約』『特約』『死亡保障』『医療保障』に分別されています。

保険料払込期間

保険料をいつまで振り込むかが記載されています。 払込年数の場合もあれば、60歳までという風な払込終了年齢が記入されている場合。一生涯払い続ける場合『全期』と記入される場合もあります。

契約年齢

保険に加入した年齢が記入されます。 この年齢を基に保険料や払込期間が計算されます。

保険料内訳

月の支払額が、保障の金額とともに書きだされています。 更新型の場合はこの欄に次の更新年度と更新後の支払額が記入されています。

この様に保険証券からさまざまな情報を読み取れると思います。それでもわからないことあれば保険会社に問い合わせるのが一番でしょう。

生命保険について保険証券の加入前に知っておきたい用語集について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

保険の説明を受けるときにも用語をある程度知っていたとしたら、スムーズに説明を受け理解することができます。 事前勉強や、親族への事前相談だけは忘れずにしておくようにしましょう。

スポンサードリンク