生命保険の主契約と特約の関係性について

スポンサードリンク

生命保険の主契約と特約の関係性について

特約をしてばもっとおいしいうちの保険

保険は複雑なように見えますが、実はある土台にさまざまな内容が載っている仕組みになっています。この仕組についてココでは解説していきましょう。

保険とピザは似ている?

保険には『主契約』と呼ばれるメインの内容の他に『特約』と呼ばれる一定期間付与されるものや、主契約の内容を補助するような保険があります。

この関係を一番手っ取り早く表したのが食べ物であるピザ。『主契約』をチーズのみの土台とし、その上に『特約』というサラミやオニオン、ペパロニと言ったさまざまな具材を載せていくことで彩り豊かで美味しいピザが出来上がります。

あまり食べ物の話ばかりするとおなかも空くので話を戻しましょう。

特約の種類はさまざまですが、なじみ深いものとして『定期特約』というものがあります。

『主契約』は終身タイプの生命保険ですが、これに定期タイプの入院保険やがん保険を付与することで充実した『定期付終身保険』と呼ばれるものになります。当然特約が多くなればなるほど保険料も高くなります。

定期的に見直し、不必要なものは取り払うように努めましょう。 このようにさまざまな特約付き保険が売りだされていますが、最近では『特約が複雑すぎてよく解らない』というニーズに答え、シンプルな保険にするように努める保険会社もあります。

主契約が無くなれば特約もなくなる

保険はあくまで主契約となる保険がメインですので、特約だけがほしいというのはできません。出来たとしてもそれは、特約に当たる部分が主保険である、別口の保険を勧められたに過ぎません。

また、契約後に主保険だけを解約した場合、特約も同時に解除されてしまいます。

生命保険の主契約と特約の関係性についてについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

この特約に関しては非常にシビアな問題です。 保険を選ぶときに、必ず担当者に確認するようにしましょう。

スポンサードリンク