セルフ型保険で加入するときのメリットとデメリット

スポンサードリンク
セルフ型とは、インターネットや新聞広告などから資料請求をして自分で探す保険の選び方です。このセルフ型のメリットとデメリットをタイプ別にお伝えしていきます。




インターネットで保険を選ぶ


ほとんどの保険会社で、パソコンやスマートホンから資料請求、保険料の試算・申し込みまでできます。インターネットに接続さえしていれば、好きな時に自分のペースで保険選びできます。特にネット専業の保険会社の保険商品は、商品もシンプルなので保険が初めてでもわかりやすいです。


インターネットで保険を選ぶメリット


・インターネットなので、出向いたりすることなく24時間いつでも申し込むことが可能
・保障内容の比較など自分で調べるので保険の知識が身につく
・ネット専業の保険商品を選ぶと保険料が安い


インターネットで保険を選ぶデメリット


・自分の欲しい答えをすぐに知りたいときに不便
・保障選びや申し込みを自分ですることになるため、やや面倒




通販で保険を選ぶ


新聞や雑誌に掲載されている広告から資料請求をします。その後の郵送のやりとりで手続きを進めるというタイプの保険選びです。自分自身で保障の考え方を理解できるため、保険選びに自信があるという方に向いています。


通販で保険を選ぶメリット


・内容に納得して自分のペースで申し込み手続きを進めることができる
・保障がシンプルなので保険料が割安な傾向がある


通販で保険を選ぶデメリット


・保障についても自分自身で決めていかなければいけないので、ある程度の保険選びの知識が必要
・郵送でのやりとりになるため、保障開始までの時間が長くなりがち




以上がセルフ型の保険営業のメリットとデメリットでした。



以下のページも合わせてお読みください。


>> 訪問型保険で加入するときのメリットとデメリット


>> 来店型保険で加入するときのメリットとデメリット











 
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。