生命保険の種類(定期保険・終身保険・養老保険)について

スポンサードリンク

生命保険の種類(定期保険・終身保険・養老保険)について

保険の種類を覚えよう!

これまで保険の内容について説明しましたが、ここでは保険の種類について説明していきます。これは主に受け取れる年数を指すものが多く、それに応じて支払う保険金や加入条件なども変わっていきます。

保険の種類によって何が変わるの?

保険の種類には『定期保険』『終身保険』『養老保険』の3種類があります。これらを順番に見て行きましょう。

定期保険

『定期保険』は文字通り期間が定められている保険です。保険金が受け取れる期間は加入した日から契約解除まで、その間に死亡した場合保険金は受け取れますが、期間外に亡くなっても保険金は一銭も受け取れません。代わりに毎月の保険料は他の2つに比べて格安です。

終身保険

『終身保険』は定期保険とは違って保障が一生涯、つまり死亡するまで続きます。この保障は保険金の払込が終わっても続くため、死亡後の保険金は亡くなった遺族に振り込まれることになります。保険料では2万円弱と割高感がしますが、満期で解約しても730万円は戻ってくる上に保障は亡くなるまで続くため、選ぶとすれば一番おすすめと言えます。

養老保険

『養老保険』は加入した後に亡くなった場合に保険料が受け取れるのは当然のことですが、この保険の特殊な所は掛け捨てではなく、契約が満了した際に今まで支払った保険料が帰ってくる所にあります。代わりに保険料は3つの中で一番高い25000円強。ただし満期になれば保険料が戻ってくるので、貯蓄と保険の両方を兼ね備えたプランといってもいいでしょう。

途中解約について

上でも少し説明しましたが、掛け捨て型の定期保険が一番安く、養老保険が一番高く、終身保険はその中程を維持しています。 定期保険は途中解約をしても支払った保険料が戻ってくることはほぼありません。満期を迎えて一番損をする保険と言えますが、少額の保険料でも大きな保障が付けられる所に一番のメリットがあります。 終身保険と養老保険の場合、割高ではあるものの途中解約しても積み立ててきたお金は戻ってきます。よって貯蓄としても利用できますし、いざというときの保険にも使える、まさに使い勝手の良い保険の種類と言えましょう。

生命保険の種類(定期保険・終身保険・養老保険)についてについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

保険料の金額が安いものはそれなりに理由があります。 保険料が格安だからといって、それを安易に選ぶのにはリスクがあります。 よく考察してから選んでいきましょう。

スポンサードリンク