訪問型保険で加入するときのメリットとデメリット

スポンサードリンク
訪問型とは家まで保険営業マンや生保レディ、ライフプランナーといった人が訪問してくれて、説明を受けながら保険を選んでいく形です。近所の喫茶店やファミレスで話を聞くということもあります。この訪問型のメリットとデメリットをタイプ別にお伝えしていきます。



訪問型代理店



自宅や職場といったあなたが希望する場所で保険相談ができます。ほとんどの代理店は複数の代理店を取り扱っているので、保障内容を比較しながら保険選びをすることができます。社内で定期的な研修制度を設けている代理店も多いので、常にスキルアップをしている知識豊富なベテラン保険営業の方が多くいるという特徴があります。


訪問型代理店のメリット


・あなたが希望する場所まで来てくれるので気軽に相談できる
・経験豊富な保険のプロに安心して相談することが出来る


訪問型代理店のデメリット


・担当者のレベルによって保険知識についても差が出る
・ノルマや営業成績ばかりを気にして親身になってくれないというケースもある




生保レディ


生命保険会社に勤務する営業職員で、自社の保険商品のみを取り扱っている。女性営業職員が多いことから生保レディと呼ばれることが多いです。自宅や職場などの希望の場所に来て説明をしてくれます。


生保レディのメリット


・女性が多いのでキメ細やかな対応をしてくれる
・個別の担当がアフターフォローもしっかりしてくれる


生保レディのデメリット


・自社の保険商品のみの取り扱いのため他社商品との比較ができない
・生保レディの離職率が高いため担当者がコロコロ変わることがある
・担当者によって知識レベルに差がある




ライフプランナー


外資系生命保険会社に勤務する保険のプロ。訪問によるコンサルティングという形をとることが多い。国内の生保と違って男性の営業マンが多く自社の保険商品のみを取り扱う。個々の家計のライフプランに基づいたコンサルティング営業を得意としている。また、ライフプランナーとして資産形成のためのプランニングも得意。


ライフプランナーのメリット


・保険だけでなく社会保障や税金についても体系的な知識を持っているので頼れる
・専門性の高い、丁寧なアドバイスを受けることができる


ライフプランナーのデメリット


・自社の保険商品のみの取り扱いになるため他社商品との比較ができない
・選ぶ保険商品によっては他社よりも保険料が高くなることがある




以上が訪問型の保険営業のメリットとデメリットでした。



以下のページも合わせてお読みください。


>> 来店型保険で加入するときのメリットとデメリット


>> セルフ型保険で加入するときのメリットとデメリット



 







 
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。