生命保険ってそもそも何?保険は絶妙なバランスで成り立っているということを理解しよう

スポンサードリンク


生命保険って子供の頃から耳にしてきたので、ある程度はどういったものなのかというのは理解しているはずです。
しかし、そもそも保険ってどういった意味合いなのか?それについては深く考えたこともなくただ過ぎ去っていっているだけなので、生命保険の見直しの一環で生命保険についていろいろと学んでみてはどうでしょうか?

そもそも保険ってなに?

保険とは大勢の人が万が一の時に備えてお金を出しあい、不幸があった人に集めたお金の一部を支払うシステムです。
その仕組みはまさに『互いに助け合い助け合う』システムと言っていいでしょう。

不安だからこそこれからに備えよう

万が一に備えて大勢の人がお金を出し合い、何か問題が起きた場合には出したお金の一部をもらう。
これが保険の大枠であり、その仕組みは『相互扶助』の仕組みそのものと言えましょう。もちろん保険屋も会社ですので、利益がなければ成り立ちません。

もしものことが起こらないのが一番な訳でして、何も起こらなかった場合、支払った保険金は戻らず、保険会社の収入になります。これを『掛け捨て』といい、保険といえばこの掛け捨て型が一般的です。
保険の仕組みが助け合いでできているのは、いつ起こるかしれない自分の身を守る為に、使うかもわからない保険料を会社に払うという面も大きいからでしょう。

保険は絶妙なバランスで成り立っている

『保険』の概念は、いつ起こるかもしれない危険に備える為であり『保険金』はそういった備えに対する対価といって差し支えないでしょう。 そのため、保険で守れる範囲が大きければ大きいほど保険料は高くなっていきます。

一人暮らしの人から大企業の全社員に対する保険とピンからキリ。それらをカバーするためには収入である保険料と支出である保険金のバランスが等しくなければなりません。
このため、保険会社は収支バランスに見合いながらも割高感のない保険料を決めなければならないのです。

もちろん、片方が崩れてしまっては経営が成り立たなくなり、保険そのものも意味のないものになってしまいます。保険金の総額が増えれば増えるほどに、保険料の増額は免れないものだと考えましょう。

生命保険の選び方運営チームから一言

保険というのは、保険にかける金額と受け取れるバランスが大切です。
先ずは保険の根本、「大勢の人が、一人を助ける」という根底の部分を考えるようにしていきましょう。
何事もバランスが大切ですが、保険も同様ですね。保険を選ぶときにしっかり検討するようにしましょう。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。