生命保険の意味入院手術時の保障(長生きした場合は?)

スポンサードリンク

生命保険ってどんなの?

生命保険に加入する理由は大きく分けて3つに分かれます。自分にあった保険を見つけるコツは、もしかしたら自分自身がもう知っているかもしれません。


生命保険が必要な理由

生命保険に加入する理由は『遺された家族に対する生活保障』『入院や手術をおこなう際の補填金』『死後の整理金』の3つに分類されます。


遺された家族に対する生活保障

生活保障は家族を持つ父親にとってなくてはならない保障と言えます。仮に共働きだったとしても片方が働けなくなったり、あるいは亡くなった場合収入は激減します。激減こそしますが子供の成長は収入に応じて待ったはかけられません。
そのような万が一に備えて生命保険に加入し、事故が起きた際は保険金で生活費全般を補うのが生活保障です。


入院や手術をおこなう際の補填金

入院や手術の際も程度によっては100万単位で費用がかかる手術が存在します。もし何回も実施しなければならない場合、家計の負担はいっそう重く苦しくなってしまう。それを少しでも軽くする意味合いも含まれています。


死後の整理金

そして、もし亡くなってしまえば葬式や墓地の管理などで遺族にお金の負担がかかります。最初に紹介した『残された家族に対する生活保障』と類似しますが、これは誰でも迎える最後ですので用意は不可欠と言えます。


長生きしてもお金はかかる

日本は長寿国としても有名ですが、その反面『超高齢者社会』と呼ばれる程に若者が少なく、老人が多い国です。そのためか、将来の公的年金を期待せず、自力で老後に備える60代以上の定年層。いわゆる『リタイアメント世代』が増えています。


とはいえ、いざ介護が必要になれば軽いものでも介護用具が必要になりますし、重度なものでは家の改築やヘルパーの雇用。リハビリも必要になってくるでしょう。これらの費用を保険で補おうと考える人が最近では増加傾向にあり、生命保険に加入する4つ目の理由として注目されています。
以上3つ、あるいは4つの理由をあげましたが、どれに当てはまりましたでしょうか?お金を有効活用しつつ、よりよい保険を選ぶには用途に合わせた保険選びが肝心と言えましょう。


生命保険の選び方運営チームからの一言

保険はそれぞれのライフスタイルや考え方によって、選ぶべきプランが変わってきます。
選び方のおすすめとして、第三者に客観的意見をもらうことです。親や兄弟、家族など。既に生命保険に入っている親族もいると思うので、相談してみてもいいでしょう。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。