保険金を請求する流れと請求時に必要なもの請求可能期間

スポンサードリンク

保険金を請求する流れと請求時に必要なもの請求可能期間

保険金を請求する方法

保険はなにか起これば自動的に支払われるものではありません。保険会社に請求を行い、はじめて保険金が支払われるのです。ここでは方法について詳しく見て行きましょう。

保険金を請求する時に必要なもの

被保険者が死亡した場合、保険会社に連絡して保険金の請求手続きをおこなえます。これは契約した保険会社であれば、契約時の担当者やコールセンター、最寄りの支社のどこでも構いません。

その際、契約者と被保険者の名前と保険証券の番号が必要になりますので、手元に準備しておきましょう。 請求書を発送する際は、死亡判断書や戸籍謄本、印鑑証明といった書類も同封する必要があります。

連絡した際に担当者にしっかり確認をとりましょう。これらの書類が保険会社に届き、不備がないと判断されてようやく指定の口座に保険金が振り込まれます。

送付してから振り込まれるまではおおよそ1週間ほどかかります。

保険金の請求は2年以内

家族が死亡すれば家が慌ただしくなるもの。保険金の存在を忘れることもしばしばあります。
ですが、いつまでも保険金がもらえるわけではありません。死亡保険金や入院、手術の際に支払われる保険金は2年以内に請求しなければ、その権利は消失してしまうよう、法律に定められているからです。

保険会社によってはこれを3年に延長しているところもありますが、実際には2,3年越えていても支払われる場合もあります。いずれにしても、せっかく支払ってきた保険がなかったことになってはお金をドブに捨てるようなもの。

約款を確認し、請求期間を今一度確認しておきましょう。

保険証券を紛失したために請求できないという場合、まずは保険会社に連絡して紛失したことを伝えましょう。そして、被保険者の名前と生年月日を伝えた上で保険内容を調べてもらえば、確認が取れた時点で保険会社から請求書が送られてきます。

ですが、できるかぎり紛失しないほうが余計な手間や手続きを行わなくていいという点は変わりません。

また、よくありがちなのは亡くなった方が保険の存在を遺族に知らせないまま他界し、遺品整理の段階で隠されていた保険証券が見つかることです。これは早いうちなら問題ないものの、数年経過して発見される場合や、見つからずじまいという事もあります。

保障内容や保険証券の場所はあらかじめ家族に伝えるか、遺言状に記しておきましょう。

保険金を請求する流れと請求時に必要なもの請求可能期間について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

生命保険に加入するとき、そしてした後に一番気になる事項が請求方法だと思います。 いざ!っというときは案外どこに連絡したらいいのかわからないものです。 コツとしては、ガッツリ生命保険の担当と仲良くなっておいて、どんな些細なことでも連絡ができるようにしておきましょう。 生命保険に加入したはいいけど、どこに連絡したらいいのかわからなくなった。 という方も多いので...

スポンサードリンク
|