生命保険の加入申込の取り消しクーリングオフ制度について

スポンサードリンク

生命保険の加入申込の取り消しクーリングオフ制度について

契約申し込みを取り消したい! そんな時こそクーリングオフ

保険の申し込みをしたものの気持ちが変わった。あるいは話に流されるまま契約してしまった。そんな時にはクーリングオフの出番です。

クーリングオフは契約を取り消す権利

一度申し込んだ契約を後で取り消す制度を『クーリングオフ』と言います。日本語では『契約撤回請求権』と称されますが、英語読みがなじみ深いと思います。 この手続きは商品である保険にも適応されます。クーリングオフに関しては『ご契約のしおり』や『注意喚起事項』あるいは1回めの保険料を支払う際に発行される領収書の裏面に記載されています。

手続きは口頭ではなく、保険会社の所定の文書を使って郵送する必要があります。加えて、クーリングオフが利用できる期間は『クーリングオフに関する書面を受け取った日か、申し込みを行った日』のいずれか遅い方から8日以内に、クーリングオフの文書に捺された消印の日付が収まっている必要があります。

保険会社によってはこの期日が2週間だったり30日だったりとばらつきがありますが、出来る限り8日以内に送るのが理想的でしょう。念のため、クーリングオフを行った際は文書をコピーし、手元に残しておきましょう。

クーリングオフが出来ない場合

クーリングオフはあくまで消費者が訪問販売や勧誘によって断れず、自分の意志とは無関係に購入してしまった場合に適用される消費者を保護する制度です。

したがって、保険会社の営業所に直接出向いての契約や広告を見ての契約に関しては、自分の意志で契約を成立させたことになるのでクーリングオフをおこなえません。

また、保険会社が指定した医師の診査を受けた場合や保証期間が1年以内の契約の場合もクーリングオフの対象外になりますので、注意しましょう。 クーリングオフを利用しないに越したことはありませんが、もしものために頭の片隅に入れておくのがいいでしょう。

生命保険の加入申込の取り消しクーリングオフ制度についてについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

クーリングオフできるからといって、そこもシビアにみる必要があります。 払うのがきついと思うから解除するとか、安易な考えだけでは決めない方がいいです。 その保険は自分にとって必要なものかもしれません。 しっかり見直しと計画を立てるようにしましょう。

スポンサードリンク
|