生命保険の契約者変更が必要な理由と変更が必要なケース一覧

スポンサードリンク

生命保険の契約者変更が必要な理由と変更が必要なケース一覧

契約者を変更しよう

結婚や出産、そして離別といった家族の状況が変わった場合、契約内容の変更しなければなりません。

あとでトラブルに発展しないように、抑えるべき所はしっかり抑えておきましょう。

引っ越ししたら保険会社にも一報を

保険の契約中はさまざまな封書が現在の住所に届きます。その中には生命保険料の控除、契約内容の確認といった重要な内容も年に1度は必ず届きます。これらの郵便物が宛先が不明で返信されないように、引っ越したら保険会社に連絡し、住所変更の届出を行いましょう。

もし時間がないという場合でも、郵便物を新住所に送る『転送サービス』の手続きを郵便局に申し出ていれば、期間は限られますが若干の余裕が生まれるでしょう。

名字が変われば契約内容も変わる

保険には『契約者』『被保険者』『保険金受取人』の3人、あるいは2人は必ず関わってきます。この内、保険を受ける被保険者以外は契約途中で変更できます。

よくあるケースだと結婚して名字が変わった。親元から離れて独立する際、これまでの契約者を親名義から自分に変えたい。結婚したので保険金受取人を妻にしたいなど、多岐にわたります。

特に離婚の際に手続きが怠ると、離婚した元妻や夫に保険料が振り込まれるといった重大なトラブルにつながりかねません。できるかぎり早めに保険会社に連絡しましょう。

保険会社によって契約変更の方法は異なりますが、変更後は変更された箇所が追加された保険証券が郵送されますので、古い方は破棄するかを保険会社に確認し、新しい方は大切に保管しておきましょう。

保険内容の変更が必要なケースと変更場所

結婚

名前 保険金受取人(妻、あるいは夫の名義に) 住所変更(新居で生活する場合)

出産

保険金受取人(追加、あるいは子供の名義に変更)

離婚

名前(おもに妻の場合) 保険金受取人(親族、あるいは子どもの名義に変更)

離別

保険金受取人(亡くなった方から子どもなどに変更)

子どもの就職

契約者(子どもの名義に変更) 住所(子どもの住居が変わる場合)

引っ越し

住所変更

生命保険の契約者変更が必要な理由と変更が必要なケース一覧について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

生命保険の契約者に関しては、引っ越しで保険会社に連絡を忘れていたという事が多々あるようです。 住所しかり契約者しかり、結婚して名前が変わったならなおさら連絡をして変更しておくことを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク
|