生命保険加入時の告知書とリスク

スポンサードリンク

生命保険加入時の告知書とリスク

保険加入の時に必須の『告知書』ってどんなもの?

保険を申し込む際に、必ずと言っていいほど使われるのが『告知書』。 これもうっかりしているとトラブルの原因になりかねないので、ここで確認しておきましょう。

告知書は申込者のリスクを測るものさし

告知書には契約者の氏名や生年月日、職業を始め、過去の病歴や障がいについて簡単なアンケート形式で掲載されています。これらに答えることで保険会社は加入者の抱えているリスクの高さを判断し、保険料や給付金の額を決定します。

これは加入者間の公平性にも関わってきますので、加入される全員に対して行われます。 告知書はいかなる場合でも避けて通れません。

セールススタッフに口頭で告知しただけでは意味を成しませんので、ウソのないように告知書を記入し、保険会社に自分の状態を告知しましょう。

保険に加入できないケース

告知書を出しても必ずしも加入できるとは限りませんし、医師の診査を含めても同じことが言えます。告知書の内容次第では加入を断られるケースも存在します。

断られる主なものとして『健康状態の不良』『危険な職業』『過去の病歴』が挙げられます。また、加入を条件に保険料を割増されたり、保険金の上限が減らされる場合もあります。

ここまで聞いたのなら「なら、告知書にウソを書いてもいいじゃないか」と思う人も居るとは思いますが、それは告知義務違反に当たります。 告知義務違反が判明した場合、保険金が支払われない場合が大半です。

また、悪質な場合は保険金の返還や契約解除、他の保険会社に入れないという非常に重いリスクを背負うことになります。

生命保険加入時の告知書とリスクについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

生命保険に加入にする際の告知書の提示は、避けては通れないものですが、当たり前のことですが、不正などはしてはいけません。 正式な判断材料の一つになりますので、不正をして加入してその後保険が適用されない... という事態になってしまうことがあるかもしれません。 保険料金にかかわってくるので、シビアになるのはわかりますが、必ず公正なもので出すようにしましょう。

スポンサードリンク
|