持病以外で生命保険加入を断られる理由

スポンサードリンク

持病以外で生命保険加入を断られる理由

なぜ保険を断られるのか

告知書の結果次第では、保険の加入を断られる場合や保険料の割増。または給付金の減額などの措置をとられることがあります。 どのようなケースで起こりえるのかをここでは解説していきます。

病気が原因で保険に入れないことも

加入者の健康状態が思わしくないため、保険への加入を断られる人を『謝絶体』と言います。その言葉からがんや脳卒中といった重い病気を患っている人と見られがちですが、実際は薬を常飲していても『謝絶体』と判断されることがあります。

また、最近の謝絶体として多いのがうつ病や統合失調症といった精神疾患による心療内科への通院歴です。精神疾患は通院歴が長く、自殺の可能性も高いため特に診査が厳しい病気の一つと見られています。不安な人は最後に通院してから5年経過してから加入を考えるのが良いでしょう。

いずれにしても加入できるかどうかは保険会社の判断に委ねられます。告知書だけで判断がつかない場合、医師の診断書などの追加書類を求められる場合もあります。 加入条件も保険会社によってまちまちですので、1社断られても別の保険会社を当たるというのも一つの選択肢でしょう。

加入はできても持病は保証外!?

加入できたとしても、健康状態によっては一定条件を課せられる場合があります。 『特定部位不担保』は読んで字のごとく、特定の部位に対する保険金は支払われない代わりに、保険への加入そのものは認めるという方法です。

主たるものは持病持ちの方ですが、過去に胃の手術を行ったため、契約から一定期間は胃に関する『特定部位不担保』。つまり胃の関する病気やケガでは給付金を受け取ることが出来ないという時限制の場合もあります。

持病以外で生命保険加入を断られる理由について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

このサイトを作り始めてから、調査しているときに保険加入者の一人に「保険を断られたことがあるか?」ということを必ず聞きました。 しかし私どもが確認した方の中にはいらっしゃいませんでした。 よっぽどのことがない限りは大丈夫!ということですね。 しかし明らかに加入が難しい場合、例えば入院中、病床中などそういったときは、断られることもあるので、事前に担当者に確認しておきましょう。

スポンサードリンク
|