入院中の給付金請求

スポンサードリンク

入院中の給付金請求

Q:入院中に給付金を請求することはできますか?

A:こんな時こそすぐ給付金が支払われる医療保険が最適です

入院が長引くと『治るのではないか?』と精神面で不安に陥りがちですが、それ以上に追い詰められがちなのが金銭面ではないでしょうか?

『入院代はどれぐらいかかるのだろう』『家賃とかどうしよう』と入院している間中考えるのはさすがによろしくない。しかし会社員であれば働いていない分給料はストップしても、健康保険から傷病手当金が給付されるのでとりあえずは安心といえます。

と、これで終わればいいのですが、実際には翌月の家賃や税金、住宅ローンといった目前に迫った金銭をなんとかする必要があります。傷病手当金も申請から支給までおよそ3カ月以上かかるため、まず間に合いません。

このような時に最適な保険こそ、医療保険です。医療保険の給付金は入院中にも申請でき、診断書と保険会社より送られてきた各種書類提出することで入院給付金や手術給付金を受け取れます。その期間は各保険会社によって様々ですが、たいてい送付から1週間以内で振り込まれます。

医療保険の請求は入退院を繰り返すような病気やケガの場合、給付金をまとめて請求することができます。なので、入院給付金の請求は条件がそろえばいつでも何回でもおこなえます。

ただし、給付金を複数回請求する場合、請求するたびに診断書が必要になります。診断書もお金がかかるものなので、費用と支給額を考えて給付金を請求したほうがいいでしょう。加えて医療保険の請求期間は2年以内が上限になっています。請求期間を越えた請求はできないので、給付金を請求するのを忘れないように気をつけましょう。

入院中の給付金請求について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

どのようなリスクに備えたいのかを明確にしておくことで「受け取りたいときに保険金を受け取れる」、そんな保険が見つかると思います。自分のニーズを明確にしておくことが保険選びにおいてはとても重要になりますね。

スポンサードリンク