自分保険の生命保険料控除を夫が受けることはできるか?

スポンサードリンク

自分保険の生命保険料控除を夫が受けることはできるか?

Q:私の保険の生命保険料控除を夫が受けることはできるか?

A:妻の保険で夫が生命保険料控除を受けることができるかは、契約の内容により異なります。

夫が契約の場合、妻の保険で生命保険料控除を受けることができます。 夫が妻以外の人の保険の契約者、つまり保険料を支払っている場合も保険金の受取人が本人か配偶者か6親等以内の血族か3等親以内の姻族で生活を一にする家族の契約の場合は生命保険料控除の対象となります。

契約者が妻の場合、専業主婦か、働いている場合でも扶養の範囲内えだれば妻の保険で夫は生命保険料控除を受けることができます。 共働きで、妻が扶養から外れている場合は、税率が高い人ほど生命保険料控除ではメリットが大きいです。

夫の所得が妻の所得より高いと、夫が受けた方が効果が高いです。 このケースの場合は残念ながら妻は自分で生命保険料控除を受けることになるため夫の所得から控除できません。

自分保険の生命保険料控除を夫が受けることはできるか?について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

生命保険料控除を受けられる範囲についてしっかりと理解しておきましょう。

スポンサードリンク