遺族年金の受け取りがもらえない場合

スポンサードリンク

遺族年金の受け取りがもらえない場合

Q:現在共働きですが、妻に何かあった場合遺族年金はもらえますか?

A:状況によってもらえない場合もあります

もらえるかもらえないかの二極で言えば、遺族年金をもらうことはできます。しかし、母子家庭の遺族年金と比べ父子家庭の遺族年金は少ないため、あまり当てに出来るものではないと考えるのがいいでしょう。

父母ともに共通して言えることとしては、18歳未満の子供さんがいる場合は『遺族基礎年金』が子供に対して支払われます。遺族基礎年金は働き方などに関係なく受給されるものですが、父子家庭の場合は受給停止になるため、遺族基礎年金はもらえません。

一方の『遺族厚生年金』は父子家庭でも受給対象に入ります。この場合も父の年収が850万円以上を超える場合、遺族厚生年金は受給されないので気をつけましょう。

18歳未満の子供が居ない場合、妻の死亡時に夫が55歳以上であれば受給対象に入ります。この場合、受給されるのは60歳以降になります。

そして、夫が自分の老齢厚生年金と、妻の遺族厚生年金を一緒にもらうことはできません。この場合、老齢厚生年金はそのまま全額受給され、遺族厚生年金の方が高い場合、遺族厚生年金との差額を老齢厚生年金に上乗せします。

遺族年金の受け取りがもらえない場合について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

遺族年金の受給は、家族構成によって大きく変わってきます。自分のケースでしっかりと理解しましょう。

スポンサードリンク