保険料払い過ぎじゃない?家計を楽にする賢い生命保険の選び方

スポンサードリンク
生命保険は世帯でみると90%以上の加入率なんだそうです。結婚を機に生命保険に加入するという方も多いですからね。



ただ、加入するときにしっかりと中身を見て選んでいるという方は少ないんだとか。

保険って家の次に高い買い物だといわれてますし、毎月かかってくるものなので深く考えずに契約してしまっていたら見直しも必要です。

ライフスタイルの変化によっても最適な保険って変わってきますからね。



保険を選ぶときのチェックポイント





必要な保障の種類


生命保険はたくさんのプランがあって、それぞれ保障の種類もちがいます。一家の働き手であるお父さんが死亡したときの保障、将来病気になったときのための保障など、何が一番必要になってくるのかを決めましょう。


必要な保障額


あなたの家庭のライフプランを見てみましょう。子供の養育費や家のローンなど、何年後にいくらくらいのお金が必要になるか決まっているものもあります。

万が一という場合にもこれらの費用が払えるように保険商品を選ぶのがポイントです。

貯蓄やライフスタイルに合わせてベストな保険を選びましょう。





その保険会社で大丈夫なの?





保険金の不払い問題


大手保険会社も含めて、死亡保険金が適切に支払われていなかったなどの保険金不払い問題が過去にありました。

契約期間中にさんざん保険料を払わせておいて、いざ保険金を払うというタイミングで出し渋るというのは詐欺行為に等しいです。

損害保険会社でも特約部分の保険金については請求されなければ支払わないというスタンスを保険会社側が取ったことが問題になりました。

過去にどの保険会社が不払いを起こしたのかについてまとめたので、こちらも参考にしてみてください。

⇒ 過去に保険金不払い問題を起こした保険会社はコチラ



保険会社の格付けは大丈夫?


保険会社は第三者機関によって安全性などの面から格付けがされています。こういった格付け情報をチェックすることで、安心して保険に加入できます。保険料を払い続けていたのに保険会社が倒産してしまった、ではシャレになりませんからね。

⇒ 生命保険会社の格付けについてはコチラ



支払い条件をチェック


保険金が支払われるときの条件についても事前に調べておきましょう。いざというときに支払いを受けられないという事態は避けたいです。契約前にちゃんと条件を確認しましょう。





保険金の支払い方の違い



死亡保険


死亡保険とは被保険者が死亡したときに保険金が支払われるタイプの保険です。


生存保険


生存保険とは被保険者が生存していて満期を迎えた場合に保険金が支払われるタイプの保険です。確定年金、有期年金、終身年金が生存保険にあたります。


生死混合保険


生死混合保険とは死亡保険と生存保険を組み合わせたタイプの保険です。養老保険が生死混合保険にあたります。





生命保険は誰から買うの?



保険ショップや営業マンから買う


生命保険は色々な形で販売されています。近所のショッピングモールにある保険ショップでも販売されていますし、知り合いの紹介で生保レディや営業マンなどから保険の話を聞くというケースも少なくありません。


銀行で買う


銀行での保険販売も規制が徐々に緩和され、2007年12月には医療保険やがん保険、自動車保険などを含めて全面解禁になりました。つまり銀行でもあらゆる保険が買えるということです。


ネットで買う


インターネットを通じて見積もりから契約まで行う会社も出てきました。有名どころですとライフネット生命がありますね。インターネットをフル活用することで人件費を大幅に節約して保険料をグンと安く設定しています。20代~30代前半の若い夫婦に人気です。

「ライフネット生命の保険料はなぜ安いのか?」については別ページにまとめましたので、参考にしてみてください。


⇒ 「ライフネット生命の保険料はなぜ安いのか?」が30秒でわかるまとめ





生命保険に似たこんな制度もある




簡易保険


もともとは日本政府・日本郵政公社が行っていた生命保険事業です。2007年10月1日の郵政民営化に伴って株式会社かんぽ生命保険が生命保険事業を引き継いでいます。


生命共済


JAや生協が運営している共済事業のことです。保険で言うところの「保険金」「保険料」「配当金」のことを、共済では「共済金」「共済掛金」「割戻金」と言うなど、使われる用語などが保険とは違います。仕組み自体は保険に近いものがあります。


個人年金保険


自分のライフプランに合わせて、確定年金・有期年金・終身年金の3種類から選択できる保険です。夫婦2人でゆとりのある老後をおくるためには毎月35万円のお金が必要になるそうです。それだけのお金を確保するためにも、個人年金保険をうまく活用したいですね。




生命保険選びは資産形成の一部




保険を「知り合いの保険外交員に勧められてなんとなく決めた」という方は少なくないと思います。選ぶのがめんどくさいという手間は省けますが、不必要な保障のために保険料を払いすぎているというケースもあります。

生命保険選びは将来のための資産形成の一部なんだという意識を持って、しっかりと選んでいきたいものです。


 

 
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。