たった3種類しかない!複雑そうで実はシンプルな生命保険の仕組み

スポンサードリンク

生命保険の基本は3種類しかない



「生命保険って、なんだか難しそう」

そんなイメージ持ってませんか?


私も詳しく知るまではそうでした。でも、実際はかなりシンプルな仕組みなんです。



具体的にいうと、以下の3種類しかない。

・定期保険
・養老保険
・終身保険


なんか、簡単に思えてきたでしょ?


ここでは、上記の3つの保険についてそれぞれ解説していきます。

生命保険の加入や見直しをする前に生命保険の仕組みについて知っておきましょう!




定期保険



定期保険の特徴は保険料が掛け捨てっていうこと。掛け捨てなので、払った保険料は契約期間内に該当する災害や傷害にあわないと保険金を受け取れないです。


定期保険のメリットとデメリット



定期保険のメリットは、終身保険に比べて安い保険料でいざというときの保障が受けられること。一方のデメリットは、保険料が掛け捨てなので保険契約期間を健康に過ごして満期を迎えると保険金を受け取れないということ。メリットもデメリットも保険料掛け捨てが理由になってます。




養老保険



養老保険は、保険料を払い、いざというときに備えながら貯蓄もできちゃうという特徴があります。とっても嬉しい内容だし、「養老保険最強!」と思ってしまいがちですが、デメリットもあります。

それは・・・保険料が割高になるということ。

保険契約が満期になったら満期保険金が受け取れるので、しょうがないといえばしょうがないんだけど、月々の保険料が結構高くなっちゃいます。




終身保険



終身保険の殺し文句は「一生涯、保障が継続します」。

この一生守られてる感が心地よい保険が終身保険です。


終身保険のメリットとデメリット



終身保険のメリットは掛け捨てではなくて、被保険者が死亡したら遺族が必ず死亡保険金を受け取れるというところです。途中解約した場合も解約返戻金が戻ってくるので掛け捨ての定期保険よりは貯蓄性が高いです。

一方で、終身保険のデメリットは、満期日のある有期型の保険に比べて保険料が割高になるところです。終身保険の場合は被保険者が死亡した場合に保険金を受け取れる仕組みなので、被保険者本人が保険金を受け取ることはできません。




3つの保険の違いがわかりましたか?

どの保険を選ぶのがベストかは、あなたとあなたの家族のライフプランニングによって変わってきます。それぞれの保険の特性を生かして、もしものときも安心できる保険に加入してくださいね。


 
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。