子供が産まれたときの保険見直しのチェックポイント

スポンサードリンク

子供が産まれたら、最優先にしたい保障は家計の大黒柱の死亡保障です。万一のときの必要保障額も高めに設定しておきましょう。子供の将来に向けての学資資金の積み立ても早めにスタートしましょう。



愛するわが子のための保険になるような見直し



子供が産まれると必要になってくる死亡保障の額が高くなります。子供や配偶者の生活費だけでなく、教育費もまかなえるように計算して保険を選ぶ必要がでてきます。とはいえ、やみくもに高い保険料の死亡保障を準備するというのではなく、万一のときに入ってくるお金が確保できることを最優先に考えましょう。


家計の大黒柱である夫の死亡保障をどうするか?


夫が万一の場合、公的保障から子供が18歳になるまで遺族年金が給付されます。また企業によって死亡退職金が出るところもあります。そのほか、残されてた配偶者の今後の収入予定もあります。こうした、保険金以外に入ってくるお金を差し引いて考えることで、正しく必要な保障額を計算して無駄なく保険をかけられるようになります。


専業主婦である妻の死亡保障をどうするか?


もちろん妻が万が一の場合についても考えておく必要があります。残された夫が育児のために仕事や収入に影響が出る可能性が高ければ妻の死亡保障も確保しておいた方がいいです。このように、仕事や生活環境によって必要になって来る保障は大きく異なってきます。



将来かかってくる子供の学費


日本では外国に比べて教育費が高い傾向にあります。特に高校・大学の時期は教育費の支出が収入を上回る場合もあります。そのため、早めに学資金の積み立てを始める必要があります。


学資金の積み立てにピッタリの保険


保険の中には学資金の積み立てに向いているものがあります。ひとつは「学資保険」。これは定番ですね。もう一つは変額保険。この変額保険は8つのファンドの中から自分で運用先を選ぶことができ、結果によっては返戻金が大幅に高くなります。このファンドはインフレにも対応しています。



出産に伴う保険見直しのポイント



この時期の保険選びでポイントになってくるのは目的別に商品を分けて考えること。具体的には、以下のように

・死亡保障などの「家族のためのもの」
・医療保障などの「自分のためのもの」
・学資保険などの「子供のためのもの」
・積立型などの「老後資金のためのもの」

といった分け方です。

このように分けて考えることで、無駄がなくなり、見通しもよくなるため管理がしやすくなります。また、予算オーバーになったときに、優先順位を付けてどれが必要なのかの判断もしやすくなります。




 
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。