新社会人が保険選びをするときに知っておくべきこと

スポンサードリンク

まずは公的保障について知ることからスタート


新社会人や若い世代の人にとっては重い病気にかかるといった万一のことが起こる可能性は比較的低いです。それでも交通事故やケガによる入院の可能性はどの年代でも同じです。「自分は若いから大丈夫」と過信することなく若い時期からどのようなリスクがあって、保険でどうカバーしていくかを考えておくのが大切です。




給与明細の社会保険料をチェック


具体的には、あなたの会社の公的保障からチェックしていきましょう。給与明細を見ると、社会保険料という欄に健康保険料と厚生年金保険料が給与天引きされているのがわかります。この社会保険料というのが公的保障にかかる保険料です。意識しないでいると給与明細の細かい部分は気にせず、会社から銀行口座に振り込まれる天引き後の手取り額にばかり目がいってしまいがちです。ですが、どういった税金や保険料を支払っているのかについても知っておくのがよいです。


健康保険とは?


健康保険とは病院の窓口で保険証を提示することで治療費負担が3割になるというものです。それ以外にも高額療養費制度というものがあります。この高額療養費制度は、入院などで1ヶ月にかかる費用が高額になったとき、一定額を超えた金額が戻ってくるというものです。


厚生年金とは?


厚生年金とは、自分の老後の積み立てとしてだけでなく、障害などで働けなくなったときに受け取れる障害年金や自分が万一死亡したときに、子供がいる場合に支払われる遺族年金の役目も果たしてくれます。


福利厚生制度についても知っておこう


他にも会社の福利厚生として有給休暇があったり、遺族弔慰金制度があったりと、福利厚生の面でも会社がサポートしてくれる部分は多いです。会社が健保組合を持っている大きな企業ですと保養所などの施設を自由に利用できたり、リゾート地にあるホテルと契約をしていて抽選で利用できるといったこともあります。自社の福利厚生制度についても詳しく知っておきましょう。




新社会人の保険見直し


医療保障はシンプルに
若いので健康面でのリスクはかなり低く見積もっても問題ありません。医療保険の医療保障は入院日額5000円のシンプルな医療保障をベースにしておくのがよいです。予算があれば死亡保障をプラスすることを視野に入れるのもいいですね。


貯蓄積み立て型の保険を選ぶときの注意点


死亡保障の保険は安い掛け捨て保険か、貯蓄性のある商品かに分かれます。早い時期から貯蓄性のある保険で積み立て貯金をする習慣を身に着けるのもよいアイデアです。ただ、気をつけておきたい点が1つあります。それは貯蓄型保険は途中解約すると確実に損をしてしまうので無理なく払える予算で組むことです。

保険料として差し引かれた残りのお金で生活をうまくやりくりする習慣を身につけておけば、貯金上手になれます。節約しながら人生を楽しめるかどうかは、資産形成の第一歩なので楽しみながら取り組んでみてください。





 
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。