マイホーム購入したときの保険見直しのチェックポイント

スポンサードリンク

マイホーム購入は家計全体を見直すタイミングでもあります。もちろん保険の見直しもするのがよいでしょうね。住宅ローンに付帯してくる団体信用生命保険によって死亡保障を削減できる可能性がありますので、不要な保障をカットするチャンスでもあります。住宅ローンによって保障内容も異なってくるので、よくチェックするようにしましょう。



住宅ローンを組んだら保険料節約のチャンス


住宅ローン契約を組むと一般的には「団体信用生命保険」というのがついてきます。この保険はローン返済者が返済途中に死亡した場合、それ以降の返済が免除されるという保険です。一家の大黒柱が亡くなった後、残された家族は住宅ローンの残りを返済しなくてもよいのです。この団体信用生命保険の保障を考慮すると、今まで加入していた死亡保険を削減できる可能性が出てきます。


団体信用生命保険の死亡保障額をしっかりとチェック!


住宅ローン契約を組むことで団体信用生命保険に入ると死亡保障を削減できます。しかし、住宅ローンが夫ひとりの名義の場合と、夫婦共有名義の場合によって死亡保障額がちがってきます。また、専業主婦か共働きなのか、共働きなら夫と妻のどちらの収入比率が高いのかなどによって、夫婦それぞれの必要保障額に差が出てきます。このあたりを正しく理解して死亡保険の見直しをしないと、思わぬ事態が起きてしまう恐れがあります。


住宅ローンが夫名義のケース


で夫が死亡した場合はローン返済がなくなります。18歳以下の子供がいれば公的保障の遺族年金を残された妻が受け取ることができます。

一方、妻が死亡した場合は遺族年金を夫は受け取れません。日本では公的ルールが専業主婦を想定して作られているという側面があるからです。つまり妻が死亡した場合は住宅ローンは支払い続け、遺族年金は支給されず、幼い子供が残るということになります。夫は一人で子育てと仕事を両立することになるため収入が減る可能性もあります。こういった場合のことも考えると妻の死亡保障も確保しておかないとせっかく買ったマイホームを手放してしまうということにもなりかねません。


住宅ローンが夫婦共有名義のケース(5割:5割)


共働きで夫の収入の方が多い場合に夫が死亡すると、妻は低い収入であっても住宅ローンが50%残ります。そのために足りない分を夫の死亡保障でまかなっておく必要があります。


まとめ


ここまで見てきたように、住宅ローンを組むと団体信用生命保険のおかげで死亡保障を軽くすることが可能です。もちろん、夫名義の住宅ローンなら妻の死亡保障も確保しなければいけませんし、夫婦名義の住宅ローンの場合はどちらに万一のことがあってもローンが半分残るという計算の上で死亡保障を選ぶ必要があります。

トータルしてみると、保険料の節約が可能になるので、いざというときの保障をしっかりと確保しつつ不要な保障をバッサリとカットしていきましょう。



 
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。