転職・独立したときの保険見直しポイント

スポンサードリンク

転職や独立をするタイミングは保険を見直すチャンスです。なぜなら、転職にともなって、収入の増減がありますし、社会保障の内容も会社によって変わってくるからです。これまで会社勤めをしていたサラリーマンが個人事業主になる場合には、公的保障が手薄になるのでその分を民間保険でカバーする必要があります。



収入が増えても減っても保険を見直す


転職すると、収入は増えるケースばかりでなく減るケースも出てきます。また、会社によって福利厚生の内容も異なる場合があるので、いざというときにどのような公的保障が受けられるのかについてしっかりt確認しておきましょう。

転職して公的保障や福利厚生が不足してしまったら、保障を増やす必要が出てきます。転職して収入が減るケースでは、思い切って保険を削るという選択も必要になってきます。家計全体のバランスを考えてベストな保険選びをすることが大切になってきます。


個人事業主は手薄になる公的保障をしっかりカバーする


サラリーマンが独立して個人事業主になった場合、公的保障が大きく変わります。まず、健康保険が国民健康保険になり、厚生年金が国民年金になります。この変化はもしものときに大きく変わってきます。

例えば個人事業主が病気やケガで入院したり、手術することになった場合、サラリーマンのように有給休暇や傷病手当がありません。仕事もストップしてしまうと、確実に収入減になってしまいます。そういったケースに備えて、医療保険は治療費をまかなうだけでなく、収入源をカバーするために充実させておく必要があります。

また、治療費が高額で入院期間も長い三大疾病などの特定の傷病になった場合に、まとまった一時金が受け取れるような保障があると安心できます。


早めに準備すべき!個人事業主の老後の生活資金


サラリーマンが独立したときに気をつけておきたいのが老後の生活資金のことです。サラリーマンの加入する厚生年金と、個人事業主が加入する国民年金とでは将来の受取額が大きく変わってきます。要するに、個人事業主の国民年金だけでは少ないのです。だからこそ個人年金保険などを活用して、老後の備えをしっかりとしておきたいところです。


起業して法人企業にした場合の保険はどうするか?


法人企業の経営者になった場合は、経営者向けの生命保険商品を上手に活用して会社の福利厚生の充実や、経営者の退職金の積立、円滑な事業継承などが可能になります。法人保険は税法上、得するケースも多いので専門家にアドバイスを受けながらうまく活用していきたいところです。




 
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。