結婚したときの保険の見直し・変更はどうすればいい?

スポンサードリンク

独身時代の保険の何を残し、何を見直す?





結婚して変わることは、自分に万が一のことがあってもパートナーの生活を守るために保険を選ぶという点。独身時代は自分のための保障というところに目がいっていましたが、相手や家族を含めてどのようなリスクに対応していくかという観点から保険を見ていきましょう。


独身時代の保険内容をチェック


まずすべきことは独身時代のそれぞれの保険内容についての確認です。どの保障を残して、どの内容について見直すのがいいのか検討しましょう。保険内容の取捨選択と合わせて、結婚後に名義や住所変更、保険の受取人の変更などの必要な事務手続きも確認しておくと後の処理がスムーズです。


共働きか専業主婦かで変わる保険選び


最近では夫婦ともに仕事を持って二人の収入で家計を支えていくという家庭も多いです。その場合はどちらの収入が途絶えても家計に打撃を与えてしまいます。このように夫婦での保険選びも一昔前のように、単純に夫だけに死亡保障などの保険を掛けておけばよいという時代ではなくなりました。共働きか専業主婦かによって選ぶ保険が変わってきますので、そのことを意識しておきましょう。


死亡保障は子供ができたら高くする


夫婦が若くてまだ子供がいないうちは死亡保障については小型の保障を付けておけばよいでしょう。近い将来に子供をもうけようと考えているのであれば、若くて保険料が安いうちにある程度の高額保障の保険を選ぶというのもよいかも。




死亡保障は保証の確保と貯蓄性を分けて考える



ポイントは必要保障の確保と貯蓄を別で考えること


死亡保障を考えるときにベストなやり方は次の2つの保険を分けて考えることです。

(1)なるべく安く必要な保障を確保する
(2)予算が許すなら貯蓄型の終身保険も検討する

この2つを分けて考えることで、あなたの家計に合った無駄のない保険選びが可能になります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。


(1)なるべく安く必要な保障を確保する


死亡保障を考えるときにまず優先するのは、なるべく安い保険料で必要最低限の保障を確保するということ。基本的には掛け捨ての保険の方が安くて効率よく必要な保障を確保できます。収入保障保険や定期保険がこういったニーズにこたえてくれます。


(2)予算が許すなら貯蓄型の終身保険も検討する


必要最低限の保障を確保してもまだ保険料を払う余裕があるのなら、終身保険を合わせて確保するのも一つの方法です。貯蓄型の保険なので自分の老後や子供の学資金としても活用できます。




保険の医療保障で必要になってくるもの



医療保障は入院や手術の際の保障だけでなく、がんや生活習慣病といった高額な医療費がかかる病気への備えもしっかりとしておきたいところです。最近では先進医療を受ける際の治療費が全額保障される先進医療特約があります。数百円程度の保険料増額負担で、300万円ほどかかる先進医療を受けることができるので入っておくのがおすすめです。

女性の場合は保険商品によって妊娠中や出産直後は医療保険に入れないものもあります。結婚したら早めに準備して加入をするのがよいですね。


 
 
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。