遺族や遺族年金を考えた生命保険の選び方

スポンサードリンク

遺族や遺族年金を考えた生命保険の選び方

遺族のこれからを考えた生命保険を選ぶ

一回の大黒柱である父が亡くなれば、金銭的な面で遺された家族は困窮するでしょう。このような時に頼りになる生命保険ですが、実際は生命保険だけでなくさまざまな制度があります。ここでは生命保険以外の『公的保険制度』で受給される遺族年金について説明します。

遺族基礎年金と遺族厚生年金

私たちの生活は公的保険制度で守られています。一家の大黒柱にもしものことがあれば、民間の保険金だけではなく国からも『遺族年金』が受給され、遺された家族の生活を補助する仕組みになっています。

したがって、この『遺族年金』を考慮に入れた上で民間の生命保険に入るのが賢いやり方と言えます。 遺族年金は『遺族基礎年金』と『遺族厚生年金』の2階建てになっており、自営業やフリーランスといった企業に在籍していない人は基礎年金のみですが、会社員の場合は遺族基礎年金と遺族厚生年金の両方がもらえます。

この遺族年金は夫が亡くなった場合だけではなく、共働きの妻が亡くなった場合にも遺族厚生年金が適用されます。ただし、この時の夫の年齢は55歳以上でなければならず、支給されるのは60歳以降からになります。

遺族年金は家庭を支える頼りの綱

遺族年金の額ですが、遺族基礎年金の場合、基本となる約78万円にこの加算が加わります。この加算は1子と2子の場合は約22万円ずつ、以降の子どもは7万5,000円ずつ加算されていきます。

この加算は子どもの年齢が18歳になった3月末まで付与されます。何事も問題なければ、高校卒業とともに子どもの加算分が打ち切られる計算と言えましょう。

一方、遺族厚生年金の場合、夫の生前給与によってその額が異なります。額としては30万円~60万円の範囲内で収まり、夫が亡くなった時に子どもの有無を問わず一生涯支払われる保険となります。 また、加算の中には『中年齢寡婦加算』と呼ばれるものもあります。

これは子どもが全員親元を離れ、遺族基礎年金が受けられなくなった場合は、40歳から64歳までは約60万円加算するという制度です。これは遺族厚生年金に乗っかるため、子どもが家を出た後で生活費に苦しむという事態は抑えられるでしょう。

遺族や遺族年金を考えた生命保険の選び方について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

生命保険の選び方のコツとしては、支払のほうではなくどれだけ受け取り金があるのかというところのほうを考えるほうがいいです。

スポンサードリンク