法人(会社)で加入する義務保険のメリット格安で加入できる?

スポンサードリンク

法人(会社)で加入する義務保険のメリット格安で加入できる?

会社が加入を義務付ける保険

福利厚生が整っている会社の中には、会社を通してさまざまな保証を受けられる保険に加入している会社もあります。 給料から保険料を天引きされるというデメリットもありますが、どのようなものかは確認しておいて損はないでしょう。

団体定期保険は格安でメリットが大きい

団体定期保険に加入している場合、デメリットとして給料から天引きされるというのは先程も記したとおり。しかしこの団体定期保険にも種類があるのです。

1つは加入している保険の徴収方法が団体で一括になっている。これは会社が民間の保険会社とで一括払いの契約をし、社員が各自で保険を受けるというケースです。支払い方は天引きですが、内容は普通の生命保険と変わりません。

2つ目は勤務先で団体保険に加入しているケース。この場合、会社などの団体が保険をまとめて募集した上で、簡単な告知だけで加入ができるというすぐれものです。最大のメリットは契約者数が大規模かつ効率よく契約ができるので、他の保険と比べるとはるかに保険料が安いのが魅力的です。

もちろん会社を退職すると団体保険の契約も解除されてしまうので、気をつけましょう。 この団体保険の中で、一番人気が強いのは団体定期保険です。

1年更新という縛りはありますが、安い保険料で大量の保障を受けられます。 このタイプには、会社に在籍している人全員が加入しなければならない『強制加入』もあります。

その際の保険料は福利厚生の一環として会社が負担するのが一般的です。この強制加入の団体定期保険がある会社は、独自の保障としてケガや入院時の『見舞金』や、亡くなられた場合は死亡退職金に上乗せする形で弔慰金が支払われることがあります。

法人(会社)で加入する義務保険のメリット格安で加入できる?について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

こういった制度は会社によって大きく異なるので、会社規定を確認し、どのような保障がついた保険かを確認しておきましょう。

スポンサードリンク