元保険会社社員が薦める保険の見直し方法と転換の注意点

スポンサードリンク

元保険会社社員が薦める保険の見直し方法と転換の注意点

いずれ見直す時が来る。保険会社の人が薦める保険の見直し

長く保険に入っていると、保険会社の人から契約の見直しを問われることがあります。この方法を『転換』と言います。保険会社の担当者から勧められる見直しといえば、まずこれといって間違いないでしょう。

契約転換制度で新しい保険にチェンジ!

同じ保険会社の中にも類似する内容の保険は沢山あります。そういった保険に契約し直すことを『転換』といい、またの名を『契約転換制度』といいます。

これは車の下取りとよく似ていて、転換前の保険を解約して手に入れた解約返戻金を、同じ保険会社にある別口保険の頭金として支払うことで新しい保険に入り直すといったものです。

転換によって新しく入った保険は、最初から頭金を払っているので保障内容に比べて保険料が安くなっています。その代わり、転換時の年齢によって保険料が再計算されるため、保険料のレートは確実に高くなり、結果として以前と変わらない、あるいは高くなっているという事態も十分に起こりえます。

この転機は一定の期間、同じ保険に入っていないと適用されない制度です。当然、他の保険会社はそれを見越して勧誘をかけて来るでしょう。そして、転換時にも告知が必要なので健康状態がバッチリな時に転換を行う必要があります。

疑り深い話になりますが、保険会社の人も仕事で向かっている面がありますので、新しい保険が出ると損か得かを考えずに転換を進める事は十分にありえます。本当に転換後の保険が自分にとって得なのか、以前と比べて予定利率が下がってないかなどを確認してから転換を行いましょう。

他にもまだある転換の注意点

上記のような告知上の問題や一定期間、そして自分のニーズに合っているかなどの他にも、転換には気をつけなければいけない点があります。 転換は支払われるはずの解約返戻金を全額利用して、新保険を安くする制度です。

貯蓄性を目的とした保険の場合、また最初から貯め直さなければなりません。 そして、予定利率に関しては間違いなく下がっています。

元保険会社社員が薦める保険の見直し方法と転換の注意点について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

下向きの現在の経済状況なら、およそ15年前のバブル絶頂期を比べるとその差は歴然と言っても過言ではないでしょう。 しかし、古いままの保険よりも新しいほうが充実している場合は、予定利率を捨ててでも転換を考える時が来るかもしれません。

スポンサードリンク