必要な保障額の算出方法

スポンサードリンク

必要な保障額の算出方法

必要な保障額はいくら?

必要保障額が分かれば、自分にぴったりな保険を探し出すこともできます。ここで重要になってくるのが生活費や子どもの年齢です。

必要保障額を調べよう。

ここでは例として、夫婦2人、5歳の子どもがいるAさん宅を例にあげましょう。

このAさん宅の生活費は月40万円、そのうち住宅ローンが10万円とします。 ここでAさんにもしもの事が起こった場合、まず団体信用生命保険によって保険金が支払われるため、住宅ローンの支払いがなくなります。

これによって生活費が30万円になりました。 Aさんが亡くなった場合は、Aさんが今まで使っていた各種生活費やお小遣いが無くなりますので、生活費は当然減ります。

ここでは3割減ったと仮定します。30万円の7割、21万円が今後かかる毎月の生活費となります。 ここから子どもの独立まで保険などを使って養う事になりますが、この期間を長く見て18年と考えて計算すると、以下のようになります。

21万円×12カ月×18年=4,536万円


したがって、4,536万円がAさん宅に必要な保障額となります。ここからさらに遺族年金や各種保険金、貯蓄などを含めて差し引いた値段こそ保険で用意すべき保険となるのです。

ところが、実際は子どもの進学によって多額の費用がかかります。これは貯蓄で対応するべき場所ですが、補いきれない場合は必要保障額を増やす必要があります。

また、住居が賃貸(家賃は10万円と仮定)の場合はAさんが亡くなっていても家賃だけは支払わなければなりません。この場合は以下の計算式になります。

(21万円+10万円)×12カ月×18年=6,696万円

よって、賃貸住まいの場合は家を買った時より2,000万円の差がでます。このように持ち家か賃貸かで必要保障額が大きく異なりますので、計算間違えのないようにしましょう。

必要な保障額の算出方法について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

子供が生まれた段階で保険を見直す人が多いと思います。何かタイミングを決めておくといいかもしれませんね。

スポンサードリンク