保険の整理と見直し過不足によっての保険内容切り替え

スポンサードリンク

保険の整理と見直し過不足によっての保険内容切り替え

持っている保険を整理する

保険の見直しに必要な4ステップの中のステップ3で説明した『今の保障』を調べるには、まずは加入しているすべての保険を整理するところから始まります。保険証書があれば、いったんすべて出して見るといいでしょう。

整理する段階で『もしも入院した場合はこの保険』『もしも死亡したらこの保険』という風に『もしも』を考えて分類していくと、整理の手間が省けます。

遺族の生活保障を考えた時、死亡保険をメインに据えたものの他にも、養育年金や育英給付金といった年金形式でお金がもらえる保険もあります。これらも通常の保険金支払いと勝手が違うので、使い分けることが肝心です。 また、会社で入っている保険や、親が契約者となっている保険の存在も見逃してはいけません。

調べてみると保障内容が被っていたということは多々ありますので、この整理整頓を期に優先順位を考えて整理するのもいいでしょう。国や会社からもらえる死亡退職金や弔慰金についてもついででいいので調べておくと、もしもの時に慌てずに済むでしょう。

過不足によって保険内容を変える

最後のステップ『過不足の調整』は、ステップ3で整理したさまざまな保険を基に、足りてない分を別の保険で補い、不要と感じた保険を減額するなどして、自分にあった金額にすることです。これらの調整方法は加入している保険によってそれぞれ違ってきますが、いずれにしても、もっと魅力的に感じたり、自分にあった保険が見つかった場合は古い保険を切り捨てなければいけません。

その時は古い保険を解約するか、払済保険に変える。あるいは解約払戻金を使って新しい保険に変更する『契約転換制度』を利用することで、スムーズな保険変更が可能となります。

解約までは行かないが、別の保険にも入りたいという場合もあります。この時は払済保険や延長保険に変更することで継続させることも一つの手です。しかし、新しい保険契約が成立したら元の保険を解約するのが常識です。

保険会社もリスクを負ってまで契約をするのは怖いと考えるのか、古い保険と契約を持続させていると保険審査が通らない可能性もあるからです。

保険の整理と見直し過不足によっての保険内容切り替えについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

保険の中には解約払戻金が帰ってくる保険もありますので これを生かして新しい保険に入るというのが賢いやり方と言えましょう。 相談する際は来店型保険ショップに行けば、無料で相談に乗り 適切なアドバイスを行ってくれるでしょう。 保険はなかなか大きな買い物です、全て終わった後で後悔しないようなまとめ方にするには、プロの目から見たアドバイスがあればなおさら心強いかと思います。

スポンサードリンク