生命保険で損しないために保険の見直しのポイント同じ保険じゃない方が良い理由

スポンサードリンク

生命保険で損しないために保険の見直しのポイント同じ保険じゃない方が良い理由

保険の見直しは肝心!

加入時の状況と今の状況がまったく同じ人というのがあまりいないように、保険も年数がたつことで見なおすべき場所も増えていきます。保険も人生の転機が訪れる度に見直すのがいいでしょう。

一生同じ保険だと損をする

保険は長く同じものに加入していると、どこかで不足を感じたりもったいなを感じてしまう場面が出てきます。特に結婚した後や出産前といった大きな節目では、ますますこのようなケースが生じてしまいます。

このようなズレを放置しておくのは、あまりももったいなく、そして悔いが残る結果を引き起こしかねないと考えます。 そうならない為にも身辺に大きな変化があった時は保険を見直す習慣を身につけておきましょう。

保険の単品売りとは

実は一昔前の保険はどれも似たような内容でした。生命保険であれば死亡保険と医療保険が特約としてついているものを、セールス・スタッフや直接窓口に行って手続きする必要がありました。

これが1社2社ならいいものの、法律によって厳しく規制がかけられていたためにどの保険会社も同じタイプの保険を同金額で売り出すようになりました。 よって、どの保険会社に入っても同じと考えるユーザーは、一度加入すると他の保険会社を見ることはなく、加入者の子どもも親と同じ保険に入るというユーザーの固定化を招いていました。

必然的に大きな会社が生き残り、知名度の少ない会社はひっそりと姿を消していきました。

しかし、近年では保険の規制緩和が進んだ影響で、さまざまな保険会社が生まれては価格競争を繰り広げています。数多くの保険会社がシノギを削る事になった規制緩和のうち、特に大きいのは、損害保険会社でも生命保険を取り扱うことが出来る点に尽きましょう。

これまで生命保険と損害保険で隔てられていた枠が取り払われ、より自由な販売が行えるようになりました。 保険の組み合わせも変わりました。

これまでのような固定化したセット販売ではなく、主契約に重点を置いた保険の単品売りも増たことで、ますます顧客のニーズに合わせやすい保険商品選びができるようになったのです。

こうして新規参入の会社も増え、加入ルートも増大したことは一昔前では考えられない事態でしょう。加入ルートの増大や保険の単品買い、保険の差別化などが起こっている現在、保険の見直しを1度は行ったほうがいいでしょう。

生命保険で損しないために保険の見直しのポイント同じ保険じゃない方が良い理由について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

定期的に保険の見直しをする必要があります。見直しをすることで無駄な費用を抑えることができるかもしれませんよ。

スポンサードリンク