生命保険の前納と一時払いの違いと前納制度の仕組み

スポンサードリンク

生命保険の前納と一時払いの違いと前納制度の仕組み

前納制度

保険料の払い方には、先々の保険料をあらかじめ支払う前納制度があります。 一時払いとの違いを比べながらメリットを探しましょう。

前納はお金を保険会社が預かっている状態

前納とは先々の保険料を数回分や数年分まとめて一括払いすることをいます。 前納すると所定の割引を受けることができます。 前納にも種類があります。

全期間分の保険料を契約の初めに支払ってしまうことを全期前納と言います。 全期前納と一時払いは保険料をまとめ払いするという点では同じにみえますが、保険料の扱い方は違います。

前納は分割で本来支払う月払いや年払いの保険料をまとめて保険会社に預ける形式です。 保険料を払う日に、保険会社が随時預けたお金を保険料として支払っていきます。

一時払いは一括で保険料を支払います。 前納の場合は、保険料を支払う日が来ていないお金は保険会社が預かっている状態です。 保険期間の途中で解約した場合や、死亡した場合はこのお金は保険金や解約返戻金とは別に払い戻されます。

一時払いの場合はこれに対して、保険料をすでに支払っているため、お金が戻ってきません。

前納は生命保険料控除の対象

前納は保険料が毎年生命保険料控除の対象になります。 しかし一時払いは契約した年のみが控除の対象になります。 保障内容が同じ場合は、一時払い保険料は全期前納する保険料より安くなります。

生命保険料控除の適用を受けて取り戻せる税金の効果を考えるとどちらが損とは一慨に言えません。

一時払いと前納の違い

一時払い

保険料の計算

全保険期間分を一括で支払うものとして計算します。

解約した場合

保険料の返金はありません。

生命保険料控除

契約した初めの1年のみ受けられます。

前納

保険料の計算

毎月や毎年の保険料を計算した上で、将来の保健期間分を前倒しで払った場合いくらになるかを計算します。

解約した場合

未経過期間の保険料が、解約返戻金とともに戻ってきます。

生命保険料控除

保険料払込期間はずっと受けることができます。 生命保険料の控除額は所得により決まります。 そのため契約時には一概にどちらが得かいえません。

保険料の総払込額は前納より一時払いが安くなります。

しかし、一時払いは解約時に保険料の一部が戻ってきません。 また、保険料払込期間を通して税金面での優遇を受けることもできません。

生命保険の前納と一時払いの違いと前納制度の仕組みについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

前納制度はお金が余裕があるなら、使ったほうが断然お得です。 保険会社も先払いの方が喜ぶことがあるので、担当者にできるかできないか確認しておきましょう。

スポンサードリンク