生命保険を解約手続きの流れと必要書類について

スポンサードリンク

生命保険を解約手続きの流れと必要書類について

解約

保険が必要がなくなった場合は保険会社に連絡すればいつでも保険を解約することができます。 解約時に気をつけなければいけない注意点や手続きを確認しましょう。

解約の手続きには書類の提出が必要です

保険期間が残っている場合でも、途中で保険をやめることができます。 これを解約と言います。 解約はいつでも行うことができます。

営業マンに口頭で伝えたり、電話で伝えるだけでは解約することはできません。 保険会社から必要な書類を取り寄せ、保険証券とともに提出しなければいけません。

将来の保険金支払いに備えて、保険会社の中で積み立てられたお金があれば解約時に解約返戻金として戻ってきます。 保険料が引き落とされなければ勝手に解約扱いになると考える人が多くいます。

しかし、この考え方は危険です。 契約により、自動振替貸付がスタートして解約返戻金が減ってしまうことがあります。

解約以外の方法

保険を解約する理由の中で多いのが、保険料を支払えなくなったという理由です。 保障がまだ必要な時期に保険を解約してしまったらあとあと困ったことになりかねません。

別の保険に入り直すつもりでも、健康状態により新たには入れない場合や、割高な保険料を支払わなければならないこともあります。 保険料の負担を軽くするために、保証額を減らす減額もあります。 また、必要度の低い特約だけを解約することもできます。

払済保険や延長保険などの制度を利用し、以後の保険料の支払いをストップし、保障だけを続ける方法もあります。 保険会社に解約以外の方法はないか相談してみましょう。

解約手続きの流れ

?保険会社に解約の連絡をします。
担当者に電話などで連絡します。
この時点ではまだ解約ではありません。
?保険会社より解約の書類が郵送されます。
?解約の書類に記入し保険証券とともに保険会社に郵送します。
解約の書類が保険会社に届いた時点で保険は解約されます。
解約完了後はもしものことがあった場合でも保険金は支払われません。
?解約返戻金や未経過保険料がある場合はしてした口座に振り込まれます。
?解約手続き完了のお知らせが届きます。

保険法の制定により、2010年4月以降の年払いや半年払いの契約において、年度の途中で解約した場合残りの期間の保険料が払い戻されることになりました。

生命保険を解約手続きの流れと必要書類についてについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

法改正により様々な状況がありますので、解約などをするときはしっかり担当者に確認しておきましょう。

スポンサードリンク