保険料払込免除特約とは?保険料払込免除が適用されるケース

スポンサードリンク

保険料払込免除特約とは?保険料払込免除が適用されるケース

保険料払込免除特約

闘病中には治療費負担や収入減のため、保険料を払い続けることが困難になる可能性があります。 保険料の払い込みを免除する保険料払込免除特約という制度があります。

保険料払込免除特約

がん、心筋梗塞、脳卒中の3大疫病や、身体障害、要介護状態などの特定の症状の場合は、以後保険料の支払いが免除される制度があります。 この制度を保険料払込免除特約といいます。

利用するためには、別途特約保険料を支払い、契約に保険料払込免除特約をつけておかなければいけません。 闘病中は治療費負担が増す一方です。 闘病する本人や、支える家族の収入が減るなど経済的な面で重く負担がのしかかります。

事前にこの特約をつけていれば、以後保険料の支払いが免除されるため、経済的な負担を軽減できるメリットがあります。

払込免除条件は意外と厳しい

保険料の払い込みが免除される条件は実際は意外と厳しいです。 そのため注意が必要です。 3大疫病により所定の状態に該当する時という規定がある場合、単に3大疫病を患っただけでは適用されません。

所定の状態に必ず街頭しなければいけません。 所定の状態は会社により様々な規定があります。?

心筋梗塞の診断から60日以上、家事や事務作業以外の難易度が高い作業が困難な状態が続いた場合。
脳卒中を発病して60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの後遺症が継続した場合。

などと細かく定められています。

保険料の払い込みが免除になるとき

3大疫病になって所定の状態になったとき

?がん
?急性心筋梗塞
?脳卒中
になって所定の状態になった場合。

病気により所定の身体障害状態になったとき

耳、目、手足、臓器などが所定の身体障害状態になった場合。

所定の要介護状態になったとき

?公的介護保険制度により、要介護3以上と認定された場合。
?常に寝たきりなどの所定の要介護状態に該当した場合など。

保険料払込免除特約の条件は保険会社により異なります。
特約保険料も会社により異なります。
細かい条件についてよく確認し、特約をつけるか判断しましょう。

保険料払込免除特約とは?保険料払込免除が適用されるケースについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

特約ってほとんどの人が気にしないですが、これを見るとやっぱり重要なんですね。 気にせず加入ということだけはしないようにしましょう。

スポンサードリンク