延長保険の注意点とその仕組み

スポンサードリンク

延長保険の注意点とその仕組み

延長保険

保険料の支払いをストップし、同じサイズの保障を買い増すのが延長保険です。 払済保険との違いや、延長保険の注意点に注目しましょう。

延長保険

保険料の支払いをストップし、その時点で貯まったお金を使用し、今までと同じサイズの定期保険を買うのが延長(定期)保険です。 払済保険とよく似ています。

しかし溜まったお金を使って買う保険の種類が異なります。 払済保険で買うのは、元の保険と同じ種類の保険か養老保険です。 これに対し、延長保険で買うのは定期保険です。

元の保険と同じ、保険期間に合わせて保障を買うのが払済です。 元の契約と同じ保証額に合わせのが延長です。 払済保険と同様、延長保険にすると、今までつけていた特約はすべて外されてしまいます。

延長保険の注意点

延長後の保険期間は、延長にするときの解約返戻金がいくらかできまります。 延長後の保険期間は元の契約の保健機関を超えることはできません。 延長後に買う定期保険は保険料が安いため、延長前の契約と同じ保険期間の保険を買った場合、お金が余ることがあります。

余ったお金はその場合、保険期間終了後に生存保険金として受け取ることができます。 反対に、元の保険と同額の保障を一時払いで買うだけの解約返戻金がなければ延長することはできません。 元の保険が定期保険の場合は、延長の取り扱いはできません。

保険会社により、払済と同様に復旧ができるところもあります。

延長保険の仕組み

元の保険と同じ保証額をキープすることができる延長保険は、数年だけでも保険料を新たに払うことなく、保障を続けたい、延長したいひとに向いています。

延長保険の注意点とその仕組みについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

保険を延長するのは金銭的に見直す部分になると思います。延長することもしっかり考えて、調整していきましょう。

スポンサードリンク