保険料の支払い方回数と経路による支払いの流れ

スポンサードリンク

保険料の支払い方回数と経路による支払いの流れ

保険料の払い方

保険料の払い方は様々な方法があります。 保険料はまとめて支払うほど安くなります。 口座引き落としや、カード払いの場合は支払の手間を省くことができます。

年払いは月払いよりもお得

保険料の払い方は、月払い、年払い、半年払いのほかにも様々な方法があります。 ボーナス月に多く支払うボーナス併用払いや、保健期間分の保険料を最初にまとめて支払う一時払いや、保険の一部を一時払いし残りの部分を月払いなどの分割で支払う頭金制度などがあります。

保険を契約するときに、払い方を決めます。 契約の途中で月払いを年払いに変えるといった変更もできます。 保険料は月払いよりも、半年払いの方が安くなります。 また、半年払いよりも年払いの方が安くなります。 まとめて払うほど安くなります。

カード払いOKの保険が増加中

保険料の払込方法は、払込ルートでも選ぶことが可能です。 自動口座振替は郵便局や銀行や信用金庫などの口座から、あらかじめ決めた振替日に保険料を自動振り替えする方法です。

保険会社と勤務先の間で、保険料の団体取り扱い契約をしている場合は、団体扱いとなり給与から天引きで保険料の支払いをします。 金融機関から送金や、保険会社の担当者が集金する方法や、保険会社に現金を持参する方法があります。 最近登場したのがカード払いです。 手間がかからずに支払をすることができます。

そして、クレジットカードのポイントを貯めることができるため、利用者が増加しています。 保険会社によっては、提携先のカードを使用すると保険料の割引を受けることができる場合もあります。

回数による種類

月払い

毎月払う方法です。

半年払い

半年に1回払う方法です。

年払い

年に1回払う方法です。

一時払い

契約時に全保健機関分をまとめて1回払う方法です。

ボーナス併用払い

ボーナスの支払われる月に通常の月より多く払う方法です。

一部一時払い

一部は一時払いし、残りは月払いなど、分割で払う方法です。 頭金制度ともいいます。

経路による種類

自動口座振替

指定した銀行口座から定期的に引き落とししてもらう方法です。

団体扱い

勤務先を通して、給与天引きで払う方法です。

集金

営業担当者に手渡す方法です。

送金

銀行から振り込む方法です。

現金持参

保険会社の窓口に直接持って行く方法です。

カード払い

クレジットカード会社経由で払う方法です。


保険会社や保健の種類の違いにより、利用可能な支払方法は異なります。
月払いよりも半年払い、年払いとまとめて支払う方が安いです。
クレジットーカード払いでは、ポイントがもらえる会社もあります。
お得な払込方法を探すことが大切です。

保険料の支払い方回数と経路による支払いの流れについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

生命保険の払い方として、クレジットカードでの支払いが可能ならクレジット支払をおすすめします。 ポイントが毎月たまっていきますからね。

スポンサードリンク