契約者貸付とは?申込方法から仕組みまで

スポンサードリンク

契約者貸付とは?申込方法から仕組みまで

契約者貸付

長い人生のなかで、子どもの進学や住宅の購入など、一時的にお金が必要になることがあります。 保険会社から解約返戻金の範囲内でお金を借りることもできます。

保険で貯めたお金の一部を借りることができる

契約者貸付は一時的にお金が必要になった際、解約返戻金の一定範囲内で保険会社から貸し付けを受けることができる制度です。 貸し付けの上限は、だいたい解約返戻金の7~9割程度です。 保険会社や保健の種類や払い込み方法によっても異なります。

お金の使い道に制限はないです。 しかし、この制度を利用することができるのは契約者本人のみです。 被保険者や受取人はりようすることができません。

手続き書類を取り寄せるか、インターネットや電話で直接も申し込みをすると、数日後に指定口座に入金されます。 自社や提携先のATMから生保カードを使い、借りることができる保険会社もあります。

契約者貸付利用にあたっての注意点

契約者貸付は、自分が加入している保険の解約返戻金を引き出すイメージがあります。 そのため利息がかからないと誤解する人が多いです。

銀行預金のように自分のお金を引き出すものではありません。 保険会社から融資を受けるため、貸付金には利息がかかります。 利率は保障契約ごとに異なります。

年に2回見直されることが多いです。 予定利率プラスαの利率が一般的に設定されます。 予定利率が高い保険ほど、契約者貸付の利率も高くなります。 返済は保険期間内であれば少額からいつでも返済することができます。

保険金や満期保険金を受け取る際に、相殺することも可能です。 返済方法は金融機関の窓口から振り込むほか、生保カードを使用しATMから手軽にできるところもあります。

契約者貸付のしくみ

契約貸付申込

解約返戻金の7~9割の範囲で貸付を受けることができます。 返済していなかった借入金は死亡保険金で精算されます。 また、所定の利息がかかります。

支払われる保険金額=保険金ー(借入額+利息)

契約者貸付は消費者金融のキャッシングやカードローンのような審査はありません。
金利や借り入れ可能額は保険証券を用意し、保険会社へ問い合わせる必要があります。

契約者貸付とは?申込方法から仕組みまでについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

当スタッフは貸付はあまりおすすめできませんが、一つの保険金の運用スタイルとして考えていきましょう。

スポンサードリンク