払済保険とは?予定利率や契約年齢について

スポンサードリンク

払済保険とは?予定利率や契約年齢について

払済保険

払済は、途中から保険料を支払わずに契約を続けたい場合に便利な方法です。 払済のメリットは予定利率や契約年齢を引き継ぐことができることです。

払済保険は保険料を支払わずに契約を続ける保険です

払済とは、保険料の支払いをストップし、その時点でたまったお金を使用し、元の契約と同じ期間の保障を一時払いで購入するしくみです。 払済にすると、以後の保険料を支払うことなく一定期間内の保障を手に入れることが可能です。

払済後の保険(払済保険)は変更前と同じ種類の保険か養老保険になります。 払済は、解約返戻金の範囲内で将来の保険を買うため一般的に今までよりも保障が減ってしまいます。 元の保険についていた特約は払済後に続けることはできません。

保険会社によっては、払済保険へ変更したあと2~3年以内に申し出すると一定の条件のもとで、元の契約に戻すことも可能です。 この契約を復旧といいます。

予定利率や契約年齢の引き継ぎ

払済保険は、元の契約に加入したときの予定利率や契約年齢を引き継ぐことができることがメリットです。 バブル期の保険の予定利率は4%以上あることもあります。 保険料の負担が重く、保険続けられない場合でも、払済にすることで予定利率の高い有利な契約を残すことも可能です。

保険のコストがかかるため、単純に比較することはできません。 現在定期預金の金利が1%を下回っています。 高い予定利率のまま保険会社のなかでお金が増えるは払済保険の魅力は大きいです。

払済保険のしくみ

払済は予定利率が高い保険に加入している場合で、保険料の支払いが大変という際に向いています。 保障は減ってしまいますが、予定利率が高い保険を将来に残すことができます。

払済保険とは?予定利率や契約年齢についてについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

払済保険とか本当に様々な処置があるんですね。いろいろなプランがあるので、わからなくなってしまいがちですので、担当者に確認しましょう。

スポンサードリンク