健康保険組合が解散した理由と保障費増額の実態

スポンサードリンク

健康保険組合が解散した理由と保障費増額の実態

健康保険組合の解散の理由

2008年夏、京樽や西濃運輸の健康保険組合が解散し、話題になりました。 増え続ける医療費に健保組合の財政はますます悪化し深刻な状況になっています。

健康保険組合が解散した事情

健康保険は現役世代の人が加入しています。 教会けんぽや、健康保険組合や、国民健康保険など種類があります。 社員の人数が700人以上の規模の企業や企業グーループになると、社会保険運営の教会けんぽに入るか、独自の健康保険組合を持つか選べます。

独自の健康保険組合を持った場合の魅力は、協会けんぽの保険料率より健康保険料率が安く、手厚い給付を提供できることです。

しかし、高齢者医療制度を支えるため、支援金の上乗せを強いられました。 そのため、各健康保険組合は相次いで保険料の値上げに踏み切りました。 保険料率を協会けんぽ以上に引き上げなければ制度を維持することができなくなりました。

健康保険組合の解散が相次いだ理由は、メリットがなくなってしまったからです。

増え続ける社会保障費

社会保障費の負担は2011年では100兆円を超えています。 厚労省の調べによると2025年には145兆円に膨らむというデータがあります。 増え続ける社会保障費は留まるところを知りません。 公的医療保険の制度は現役世代の負担した保険料で高齢者にかかる医療費もまかなうようになっています。

そのため、このままの速さで高齢化が進んだ場合、制度が持たないと心配されています。 制度を保つためには医療費の自己負担額アップは避けることはできないかもしれません。 公的医療保険からもらえるお金が減るのなら、今後個人でその分備えが果たす役割が大きくなるでしょう。

社会保障費の伸び

高齢化がす進むと、ますます社会保障費の増加が今後懸念されます。 少子高齢化と社会保障費の増大の問題は切っても切り離せない問題です。 個人で備える保険とも繋がりが深いため、新聞やテレビのニュースにも注目しましょう。

健康保険組合が解散した理由と保障費増額の実態について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

政府も生命保険にはかなり気を遣っているようです。 今後生命保険に対して何かと厳しくなっていくかもしれませんね。 そういった時は、保険料が安いうちに加入しておくのがおすすめです。

スポンサードリンク