生命保険(保険法)の特徴やルール変更点など

スポンサードリンク

生命保険(保険法)の特徴やルール変更点など

100年ぶりの大改正。保険法制定

保険契約全般について、共通ルールを定めた保険法が2010年4月に制定されました。 契約者や高齢者の権利がより守られるようになりました。

保険法は保険契約の共通ルールを定めています

保険契約に関するルールはこれまで、商法の中で定められていました。 商法が定められたのは1899年です。 それから100年あまり大きな見直しはされていません。 別途保険契約に関する共通ルールをまとめた単独の法律である保険法が制定されることになりました。

保険法では、契約者、被保険者、受取人の三者と保険会社の間で結ぶ契約上の義務や権利がまとめられています。 契約者が保険法に定める義務を果たさなければ、保険会社に契約を解除する権利が与えられています。 また、保険会社が義務を果たさなければ契約を解除できなくなったりすることが定められています。

保険法の特徴

保険法による変更点は大きく分ける3つあります。
?がん保険や医療保険のような、入院一日当たり○○円の形で給付金が支払われる契約での規定が新設されました。
?商法に比べ、契約者や高齢者の保護により重きを置いた内容になりました。
商法にある曖昧な解釈の規定を排除しました。
告知すべき事項の明文化、スムーズに保険金を支払うための規定など、契約者が不利な契約をしないよう、様々なルールが設けられています。
?商法では適用対象外だった救済契約についても適用の対象になりました。

保険法制定による変更点

告知義務

告知事項に記載のあるもののみ告知の義務を負います。

未経過保険料の返還

保険を途中で解約した場合、残りの期間の保険料が払い戻されます。

保険金受取人の変更

契約者の遺書により、保険金受取人が変更できるようになりました。

保険金などの支払い

保険金や給付金の支払い期限を厳格にしました。

保険法とよく似たものに、保険業法という法律があります。
それは、保険会社が保険事業を営む上で守らなければいけない規律を定めたものです。

生命保険(保険法)の特徴やルール変更点などについて生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

「あまり保険法だから難しくてわからない・・・。」などと思わず、「自分が保険料をどう支払って、どういうケースの時はいくら保険金が下りるのか?」という風にシンプルに考えましょう。その上でわからない点に関して保険会社の方に相談してください。

スポンサードリンク