一時タイプの生命保険が人気の理由とリスクと特徴

スポンサードリンク

一時タイプの生命保険が人気の理由とリスクと特徴

一時払いタイプの生命保険が人気を集めています

経済環境の世界的悪化を背景に、資産運用の一環として銀行の窓口販売を中心とした一時払いするタイプの生命保険が人気を集めています。

じっくり増える保険料

資産運用の一つの手段として、一時払いタイプの終身保険が脚光を浴びています。 終身保険が持つ将来の保険金支払いに備え、払った保険料の一部がじっくり増えていくという性質が人気の秘密です。 契約時の年齢にもより異なりますが、長期間契約を続けると、一時払いした保険料の5割以上が増えます。

そのため、低金利で定期預金がほとんど増えないことに不満を持つ人の心をつかみ契約数を伸ばしました。 2011年に特に人気が出ました。 世界的な景気の減速が背景にあります。 投資信託などの運用が軒並み不調でした。 そのため、契約時に受取額が確定する保険での資産運用に注目が集まりました。

早期の解約は元本割れ

契約から数年間は保険のコストが引かれるため、早期解約する場合解約返戻金が一時払い保険料を下回ってしまいます。 元本割を起こしてしまう点に注意が必要です。 いつ頃解約すればいくら戻ってくるかは保険商品により異なります。

解約返戻金が一時払い保険料の金額を下回る期間も異なります。 じっくり増やしたいのか、早めに動かせるようにしたいのかを見極めて選びましょう。 万が一保険会社が破たんした場合も、受取額が減ってしまうリスクがあります。 一社に集中させないといった工夫も必要です。

一時払い終身保険の特徴

解約返戻率=解約返戻金÷一時払い保険料

一時払いタイプの保険といっても返戻率は様々です。
そのためもしもの死亡に対する保障以外にも、介護に対する保障などがついたタイプもあります。

一時タイプの生命保険が人気の理由とリスクと特徴について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

最近当スタッフが生命保険に入りました。 どうやって選んだかというと、お母さんが勝手に選んで、お母さんが払っていくというものでした。 大人なので、保険ぐらいは自分で選びましょう。

スポンサードリンク