生命保険(ネット専業生保)の躍進・特徴・種類

スポンサードリンク

生命保険(ネット専業生保)の躍進・特徴・種類

ネット専業生保の躍進

ライフネット生命やネクスティア生命保険などのネット専業の生命保険会社は保険業界に新しい風を吹き込みました。 契約件数を20代~30代を中心に伸ばしています。

ネット専業生保の特徴

店舗や営業職員を持たずにネットを通して、保険募集を行う生命保険会社をネット専業生保と言います。 ネット銀行やネット証券の生命保険会社バージョンのような存在です。

大きな強みは保険会社の事務コストが低く、極力シンプルな商品に絞り込んでいるため、保険料を安く設定することができることです。

従来の保険契約のように担当者がつかないため、加入の手続きや、契約内容を途中で変更する場合や、保険金や給付金の請求など契約管理は自分でしなければいけません。

保険会社の種類

保険業界では規制緩和が進んでいます。 そのため保険会社も多様化しています。 一番多いのが、日本生命や第一生命に代表される日本に昔からある伝統的な生命会社です。 新契約数を伸ばしてきたのが、カタカナ系の生保です。 日本生命や第一生命を追い抜く勢いです。

アフラックやメットライフアリコなどは通販での販売に強い会社です また、ブルデンシャル生命やソニー生命のように男性職員によるコンサルティング営業を主力にする会社もあります。 東京海上日動あんしん生命やNKSJひまわり生命のような損保系の生命保険会社は比較的新しいです。

このほか、日本郵政グループの生命保険会社として誕生したかんぽ生命があります。 ネット専業生保がここに新しく参入しました。

ライフネット生命や、仏アクサグループの傘下のネクスティア生命などは2012年3月に株式公開を果しました。

インターネット生保のメリットとデメリット

メリット

料金が安い
24時間できる

デメリット

取扱商品が限定される
担当者がつかないため、契約の管理は自分で行う

個人向け保険が得意な会社と、法人向け保険が得意な会社があります。 また、医療保険、変額保険の販売に力を入れている会社もあります。

生命保険会社ごとにそれぞれ取り扱う商品に特徴があります。

生命保険(ネット専業生保)の躍進・特徴・種類について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

インターネットから生命保険に加入すると、それだけ特典がつくことがあります。 担当者から直接記入して、加入するというのも一つの方法ですが、それよりか特典のあるネット加入も当スタッフはおすすめします。 パソコンに詳しい方はぜひ一度試してみてくださいね。



スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。