生存給付金付保険の特徴やメリットデメリット(生存給付金付保険はどんな人におすすめ?)

スポンサードリンク

生存給付金付保険の特徴やメリットデメリット(生存給付金付保険はどんな人におすすめ?)

ボーナス付きの保険!?生存給付金付保険

保険の中には『生存給付金』と呼ばれる、生きているだけでボーナスがもらえる保険があります。一見してすごくお得なように見えますが、実際はどのようなものか確認して行きましょう。

人気の秘密はお得感にあり

『生存給付金』の呼ばれ方はさまざまあり、医療保険なら『健康お祝い金』や『無事故給付金』といった具合で保険会社によって大きく異なります。支払額は数年ごとに5万から10万円、これらは一定期間病気やケガによる入院、あるいは死亡しなかった場合など、一定条件を満たした上で支払われるものです。

冒頭でも説明したとおり、この保険は一見してすごくお得に見えます。通常、保険というものは一度入金したらそのまま貯められっぱなしなのが一般的。貯めておいた保険金を引き出す『アカウント型保険』というものがありますが、生存給付金はお金を引き出すのではなく、ボーナスを保険会社からもらうという点で非常にお得と言われています。

生存給付金は本当にお得?

「保険金を支払っているのにお金までもらえるとか、なんてお得なんだ!」と思うかもしれませんが、実はこれにはカラクリが存在します。なんと保険会社から支払われる生存給付金は、過去に自身が支払って積み立ててきた保険金の一部なのです。

実は生存給付金付きの保険はよくみてみると、従来の保険料より高めに設定されています。この高めな部分こそ生存給付金の屋台骨、保険料とは別に貯めておき、何もなければ契約者にボーナスとして支払われる仕組みになっているのです。

条件も『一定期間の入院やケガがないこと』とありますが、裏を返せば『入院やケガをした場合、ボーナスはありません』という証拠。なので、ケガや病気に備える目的で加入した保険としては、やや矛盾している要素と言えます。

生存給付金付き保険の特徴

  • 無事故無入院の場合、数年に1度『生存給付金』として数万から数十万支給される。
  • 女性向けの保険商品に付与されていることが多い。
  • 保険料がほかと比べて割高

オススメしたい人

  • お得感を味わいたい人。
  • へそくりがてらに貯蓄しつつ、いざというときに備えたい人。

生存給付金付保険の特徴やメリットデメリット(生存給付金付保険はどんな人におすすめ?)について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

もちろん、貯蓄の名目で加入するのも選択肢の一つです。他の生存給付金のない保険と比較して、保険料との差がいくらになるのかを確認しながら最適な保険を探してみるのもいいでしょう。

スポンサードリンク
|