がん治療(自由診療)の費用の目安

スポンサードリンク

がん治療(自由診療)の費用の目安

がん治療っていくらかかるの?

増えつつあるがん患者ですが、現在は以前のような治らない病から治せる病に変わりつつあります。特に最近では外科手術だけではなく、抗がん剤の投薬や放射線治療。先進医療では重粒子線治療や陽子線治療といった多種多様な治療方法が設けられています。

これらを併用することでがんを死滅させ、入院の所を通院に抑えるといった効果が見えつつあります。 治療方法の進歩に伴い、がん保険の保障内容も日々進化しています。特に手厚くなったのは告知の度合いと先進医療に対する部分でしょう。

これまでは診断書などが必要だった保険金請求に対し、現在では告知のみで保険金がおりる保険会社も増えて来ました。これによって即時入院でも金銭的負担がかからずに済むようになり、治療の実情に合わせた工夫がなされています。

健康保険適用外の自由診療、とくにお金がかかる先進医療に対する保障も手厚くなっています。先進医療を利用したがん治療の自己負担額は、他の先進医療と比べてはるかに高いことが特徴としてあげられます。

しかし、今のがん保険はそれすらもカバーできる給付金制度になっており『がんが治せる見込みがあれば、いろいろな治療法を試してみたい』という顧客のニーズに合わせた柔軟な設定と言えましょう。

この他にも、抗がん剤治療の際に一時金が出る『抗がん剤特約』もあり、保険会社によって多種多様ながん保険があります。しかし、中には軽度のがんや、初期に治せるようながんは保障の対象から外れるケースもあり、どこまでカバーされるのかをキチンと確認しておきましょう。

困ったときの専門医紹介サービス

もしもがんの告知を受けたら、出来る限り早めに治したいのが心情です。とくにがんに関してわからないことが多いと、どのようにすればいいか分からず、パニックに陥ってしまうことでしょう。

このような事態に対処するために、保険会社の中では『専門医紹介サービス』と呼ばれるサービスを付与している所もあります。治療専門のカウンセラーの紹介や提供といったサービスは、経済面や精神的な不安や治療内容について、そして残っている家族についての保障などの悩みを解消する手助けとなるでしょう。

がん治療(自由診療)の費用の目安について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

金銭的な部分だけではなく、精神的なサポートも兼ね備える。これこそが最近のがん保険と言えましょう。

スポンサードリンク
|