利率変動型終身保険とは?利率変動型終身保険の特徴と向いている人

スポンサードリンク

利率変動型終身保険とは?利率変動型終身保険の特徴と向いている人

今だからこそ活きる!利率変動型終身保険とは?

加入時期よって、予定利率に大きな開きが生じます。これらをそのまま適応することに不平感を抱く人には、運用ベースで定期的に保険料を見直せるこの利率変動型終身保険がおすすめと言えましょう。

見直されるからこそ利率変動型終身保険は強い

バブル絶頂期では5%あった予定利率も、今では1.5%前後。契約時期の予定利率が、加入時から変わること無く続いていく以上、昔に加入していた人のほうが得をして今から加入する人は損をする。不公平感が強い話ですが、これも規則の一つです。

しかし、利率変動型終身保険はこのような問題を解決し、予定利率の不公平が生じない保険になっています。その仕組みは、将来の保険金支払いに備えて予定利率が見直しの度に変更されるというもの。

見直された利率は『積立利率』と呼ばれ、この積立利率を使って保険料の計算が行われていきます。

利率が下がっても安心の『最低保証』

景気が良くなり、保険会社の運営状況が良くなれば実績の上昇から予定利率も上昇しますが、その恩恵を従来の保険で受けることはまずありません。

しかし、利率変動型終身保険の場合は上昇した利率分を『増加保険金』として保険金額に上乗せします。上乗せされれば万が一の時に支払われる金額も異なりますので、景気の上昇をその身で実感することができるでしょう。 逆に景気が悪くなったら保険金額が下がるかといえば、そうではありません。

利率変動型終身保険には『最低保証』が掛けられており、加入時より保険金額が下がるということはありません。現在の予定利率の低さを考えると、まさにおすすめな保険と言えましょう。

利率変動型終身保険の特徴

  • 保険料の利率が変動する。
  • 景気が良くなれば保険金額がアップ。
  • 景気が悪くなっても最低保証以下にはならない。

オススメしたい人

  • 今から保険の加入を感じる人。
  • 予定利率に不満を覚える人。
  • インフレによって資産が目減りするのを避けたい人。

利率変動型終身保険とは?利率変動型終身保険の特徴と向いている人について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

積立利率が変動しても毎月支払われる保険料に変わりはありません。

スポンサードリンク
|