終身保険の正しい使い方と特徴

スポンサードリンク

終身保険の正しい使い方と特徴

終身保険

いつもしものことがあっても保険金がもらえるのが終身保険です。 養老保険のように満期保険金はないですが、死亡保険金を必ず受け取ることができます。

終身保険

保障が一生続く保険が終身保険です。 若くして亡くなった場合でも、平均寿命をはるかに上回って長生きした場合でも、必ず遺族に死亡保険金を遣すことができます。

保険料の支払い方法は、保証が続く限り一生払い続ける終身払いもありますが、60歳まで、65歳までなどと、一般的には期間を決めて支払います。 60歳までに払い終える方法を60歳払いといいます。 終身保険は保険を続けている限り、払った保険料の総額よりももらう保険金の方が多くなります。

掛け捨てに抵抗がある人にはそのため人気があります。 保険料がそれなりに高いため、現状大型の保障を終身保険だけで準備することは難しいです。 お葬式代程度の300万円ほどの保険に加入する人が増えています。

解約返戻金を老後資金に

終身保険は少しずつ払った保険料の一部が保険会社の中に貯まっていくタイプの保険です。 そのため、保険期間の途中で解約した場合、その時点で貯まったお金を解約返戻金として受け取ることができます。

終身保険はもしもの時の保険金を受け取ることができる死亡保険の一種です。 途中で解約して解約返戻金を受け取れば老後の生活資金や介護費用として活用することができます。

万が一に備える終身保険を、安心して長生きをするために役立てることも可能です。

終身保険の特徴

保険金額1.000万円 30歳契約 保健期間 終身 60歳払込満了

30歳以降いつ亡くなった場合でも1.000万円もらます。 一生保障が続きます。

特徴

一生使え、解約返戻金があります。 しかし保険料が高めです。

いつもしものことがあっても保険金を受け取りたい人、解約返戻金を老後資金に役立てたい人に向いています。

終身保険の正しい使い方と特徴について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

終身保険は払った保険料の総額よりもらう保険金の方が多くなります。 そのため保険料が高めです。 そのため、現状大型の保障は別の保険や特約などでまかなう場合が多いです。

スポンサードリンク
|