養老保険の注意点と特徴

スポンサードリンク

養老保険の注意点と特徴

養老保険

保健期間中にもしものことがあったら死亡保険を養老保険では受け取ることができます。 生きて満期を迎えたら満期保険金を受け取ることができます。

保険金が何事もなくてももらえる

養老保険は10年なら10年というように、あらかじめ保険が使える期間を決めた保険です。 その期間中に保険に入った人にもしものことがあった場合は遺族が死亡保険を受け取ることが可能です。 定期保険とここまでは同じしくみです。

定期保険と異なる点は、保険期間中にもしものことがなくても、保険期間終了時点で死亡保険金と同額の満期保険金を本人が受け取ることが可能という点です。 養老保険のようにもらえるお金が最後にある保険の場合、保険期間終了のことを満期といいます。

生死に関わらず、必ずもらえるため、貯蓄の代わりに養老保険に加入する人が多くいます。

養老保険の注意点

予定利率が高かった頃は、養老保険に医療保障の特約を付けた保険多く販売されました。 入院した場合は入院給付金、万が一のときには死亡保険金、満期を迎えると満期保険金を受け取ることができるため、保障と貯蓄を兼ね備えているため、人気が高かったです。

このタイプの保険に加入している人は、満期を迎えた後の保障について考えておきましょう。 満期を迎えると、死亡保障はもちろんのこと、医療保障も途切れてしまいます。 必要な場合は新たに別の保険に加入する必要があります。

満期後に入る保険は年齢が高くなっているため、保険料が今までよりも高くなります。 健康状態によっては、保険に加入することが難しい場合もあります。

養老保険の特徴

保険金額1.000万円 30歳契約 保険期間30年

30歳から80歳までの間にもしもなくなった場合は1,000万円もらえます。 何事もない場合は60歳になり満期を迎えると1,000万円もらえます。

特徴

保険期間が決まっています。 保険料が高いですが解約返戻金があります。 保障と貯蓄が同時に欲しい人に向いています。

養老保険の注意点と特徴について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

現在は予定利率が下がってしまったため、養老保険の満期保険金は払込保険料の総額とあまり変わらないケースが多いです。以前のような人気もなくなりましたね。

スポンサードリンク
|