定期付終身保険の気を付けるべき点

スポンサードリンク

定期付終身保険の気を付けるべき点

定期付き終身保険、こんなところに要注意!

定期付き終身保険は使いやすさから多くの人が加入しています。しかし、その一方で誤解されている部分も多く、それが契約者に不利益を与えることもしばしばあります。

このような失敗を起こさないためにも、ちゃんとした定期付き終身保険の知識を身につけておきましょう。

定期付き終身保険は途中で保険金が減る!

まず覚えていただきたいのが、終身保険と銘打っていても定期保険には変わりがないという点です。 定期保険の特徴として、一定期間の契約後に『保険契約が解除される』というものがあります。

期間が過ぎれば定期保険分の保険金はもらえず、終身保険として払い込んだ分しかもらえなくなってしまうのです。 「終身保険とセットでついてるから、保険金は一生支払われるのでは?」と言うのは大きな誤り。

定期保険が切れれば保険料の大半がカットされるものだと考えるべきです。 それに加え、定期保険と終身保険はセットになっていても別物として考えましょう。

終身保険だけでは老後は厳しい!?

なぜこのような表題にしたかといえば、最近の定期付き終身保険は、定期保険の部分が大半で終身保険はごくわずかというものが増えているからです。一例を挙げますと、A社における定期付き終身保険で支払われる保険総額は5000万、そのうちの4800万は定期特約という保険会社もあります。

当たり前ですが、定期保険分が満了になれば4800万は消えてしまい、あとに残るのは200万円の終身保険。これでは生活どころかお葬式ですら厳しいでしょう。

定期付終身保険の気を付けるべき点について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

定期付き終身保険は基本的に掛け捨て型。ですので、お金のたまりやすさは終身保険の額に左右されます。これをいい直せば『終身保険の額が少ない定期付き終身保険は貯蓄性に乏しい保険』とも言えるでしょう。この点を従来の終身保険とごっちゃにして保険料を支払い続けると、定期保険の契約が切れた時にたいへん痛い目にあいますのでご注意を。終身保険の部分は老後の生活資金やお葬式代に回す場所だからこそ、このようなミスには気をつけたほうが良いでしょう。 もし保険が合わない判断された場合、良いとこ取りをせずに従来の終身保険に目を向けてみるのも選択肢の一つかと思います。

スポンサードリンク
|