変額終身保険の特徴と変額終身保険が向いている人

スポンサードリンク

変額終身保険の特徴と変額終身保険が向いている人

これまでの実績が評価される『変額終身保険』とは?

アカウント型保険が銀行のような保険なら、変額終身保険は株そのものといって差し支えないでしょう。多くリスクを取ればとるほど受取額が変わっていくこの保険は果たしてお得でしょうか?

リスクを張るほど保険金額がアップ!

変額終身保険の特徴は、積立金を株や証券を使って運用することで将来支払う保険金を貯めていくという、やや綱渡りな保険です。積極的に運用し、運用実績が好調なら将来の保険金額や解約返戻金は相当なものになります。

その一方で損失が出ればもらえるはずの保険金は目減りします。 契約時に決めた保険金額が変わるという点では『利率変動型終身保険』に酷似していますが、変動終身保険の場合、最低保証が死亡保険金と高度障害保険金にしか適用されません。

そして『利率変動型終身保険』は好景気にのみ保険金額が上昇するのに対し『変額終身保険』は株や証券の運用状況がさえれば、不景気だろうと保険金額は上がります。

変額終身保険の運用対象は契約者が指定するタイプと、保険会社が決めるタイプの2種類があります。

インフレに強い保険

インフレが発生すると、物価が上昇してお金の価値が下がると言われています。ただし、下がるのはあくまでもお金の話であり、株や証券を運用する『変額終身保険』では逆に好都合と言えます。

株価が上がるタイミングを測り、うまく売りさばけば多大な利益を出すことも可能といえば可能です。 リスクこそ多大なものの、契約内容が似ていれば通常の終身保険よりも保険料が安い点も見逃せません。

変額終身保険の特徴

保険料の一部を株や証券で運用する。
運用結果によって保険金額や解約返戻金が変動する。
最低保証は死亡保険金と高度障害保険金。
終身保険と比べて割安。

オススメしたい人

株や証券の知識を有している、あるいは経験のある人。
インフレによる資産の目減りを防ぎたい人。
リスクを犯しつつも、大きく保険金額を狙ってみたい人。

変額終身保険の特徴と変額終身保険が向いている人について生命保険の選び方運営チームからのお知らせ

もし変額終身保険を契約する場合、株式や投資についての知識を身につけてから契約するのが無難と言えます。

スポンサードリンク
|